ヴェスタの新作コートはダブルです!

ヴェスタ

ヴェスタの新作コート、EPB6 コートです。アルスターカラーとエポーレットが特徴です

ここ最近人気の出てきたダブルブレステッドのウールコート。シングルブレステッドのコートに比べると、一般的に襟が大きくなり重厚さが出ます。もちろん打ち合わせが深いため防寒性にも優れています。これまでダブルブレステッドのウールコートはピーコートしか持っていなかったので、銀座のヴェスタにお願いして一着作ってもらいました。

今回紹介するこの「EPB6 コート」は、今シーズンから展開する新作のコートで、これまで同店で展開してきた人気のスポルベリーノのダブルブレステッド版という位置付けです。

ヴェスタ

肩に取り付けられたエポーレットが凛々しさを演出しています

特徴は、上襟と下襟がほぼ同じ大きさのアルスターカラーと肩に取り付けられたエポーレット。フロントの6つボタン2つ掛け仕様です。ディテールだけ見ると英国のクラシックなコートをイメージさせますが、ゴージラインはやや高めに設定され、英国のヴィンテージ物のコートに比べると襟の大きさも控えめでステイリッシュです。

さらにオリジナリティ溢れるディテールが両胸付近のポケット(ハンドウォーマー)と両脇のポケットです。また、エポーレットと袖口のストラップがやや幅広なところもカジュアルな雰囲気を上手く出しています。


次のページではさらに詳しくご紹介!

ビジネスにもカジュアルにも着用できるコート

ヴェスタ

横から見たシルエットもとても綺麗です。ウエストをシェイプしているのでフィット感があります

前述したようにスポルベリーノタイプですが、巷の芯なしアンコン仕立てではなく、ヴェスタらしく胸には芯地が入り、肩パッドも薄く入っています(肩パッドのないタイプも作れます)。着用したシルエットは構築的で、肩から胸にかけて適度な重厚感も出ています。ウエストのシェイプも効いているので実際の身長よりも高く見える気がします。余談ですが、アルスターカラーは襟が大きめなので、顔が小顔に見えるという嬉しい効果があります。

背面は背バンドやインバーテッドプリーツは入らず、シンプルなセンターベントです。裏地は背抜きもできますが、今回は総裏にしました。本水牛ボタンとお台場仕様はヴェスタの標準仕様になります。

ヴェスタ

標準仕様の本水牛ボタンが豪華です。生地は国産のウール100%のフランネル素材を選びました。

写真ではスーツの上から着用していますが、休日にセーターの上から羽織ってもよく似合います。今回選んだ生地は国産のウール100%のフランネル素材です。色がグレーなのでコーディネートも楽ですね。この生地でオーダーして11万9700円でした。とても保温性があるコートなので1月~2月の寒い日に活躍しそうです。

■アイテム情報
ヴェスタ EPB6 コート
価格11万9700円~。納期4週間。

■SHOP DATA
ヴェスタ バイ ジョンフォード
東京都中央区銀座1-20-17 押谷ビル1F
TEL:03-3562-0362
www.johnford.co.jp/
ameblo.jp/vestabyjohnford

【最近の記事】
アンコン仕立てのシングル チェスターコートが完成!
今年一番の傑作トートは、クレマチス銀座の新作!
アルデックスのアンコンスーツは着心地満点です!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。