自分の取引スタイルに合った会社を見極める

FX取引を行っている会社は主に、証券会社系、銀行系、短資会社系、商社系、独立系など様々。近年では異業種からの参入もあり、現在、FX取引を扱っている会社はおよそ100社超。それぞれ特徴が異なります。
信頼性や手数料、サービスすべてにおいて完璧な会社があるなら、それを選ぶに超したことはありませんが、実際には、会社によってメリットもあれば、デメリットもあります。

会社を安易に選んでしまうと、せっかく得られたはずの利益を逃したり、損失を生む事にも繋がります。そのため、自分の取引スタイルに合った会社を選ぶことが大切になってくるのです。

FX取引のスタイルは、人によってさまざまです。毎日、為替レートをチェックしてコマメに取引できる人、忙しくてできない人、証拠金を多めに入れられる人、そうでない人、高レバレッジで高い利益を狙う人、低レバレッジでリスクを抑えたトレードがしたい人……。
そうした人それぞれの取引スタイルに合った会社を選ぶことは、より多くの利益獲得につながるのです。例えば、「細かい値動きを狙ってこまめにトレードする」というスタイルなら、取引手数料が無料でスプレッド幅の狭い会社を選べば、取引回数が多くても低コストで抑えることができますし、「普段は仕事で忙しいので、中・長期保有で」というスタイルなら、スワップポイントの高い会社を選べば、低い会社よりも、スワップポイントの累積受取額が高くなります。
こうして、自分の取引スタイルを冷静に判断して、それに合った会社を見極めることが大切です。

さらに、仮に取引条件が全般的によいと思える会社があったとしても、自分にとって取引ツールが使いづらかったり、ホームページが見づらかったりする場合もあるかもしれません。また、初心者向けにわかりやすい内容の情報を提供している会社もあれば、上級者向けの内容の情報ばかり掲載している会社もあるかもしれません。
会社を1社に絞り込む前に、候補となっている会社でバーチャル・トレードやデモトレードの体験をしてみると、ツールの使い勝手などが確かめられるので、オススメです。