極端に奇抜な名前はなぜいけないのか

赤ちゃんとママ

世界で一人だけのかけがえのない存在。世界で一つだけの個性的な名前をつけてあげたい……。でも、ちょっと待って!

最近は、ただめずらしいというだけでなく、極端に奇抜な珍名・奇名が個性的なように思われ、一部のお子さんにつけられています。つける人たちはキラキラネームと呼んだりしますが、世の中一般では、「子どもがかわいそうだ」「どう読むのかわからなくて迷惑だ」と問題視されてもいます。

もちろん世の中に珍しい名前でも、難点のないセンスのいい名前はあり、それは非常にうまい名づけと言えます。逆に今人気のある多い名前の中にも、間違った読み方の名前、男女間違える名前はかなりあります。ですから、多いとか、めずらしいとかいうことは、名前の良し悪しとは関係ありません。

ただ一般的には名前というのは奇抜にするほど、人に読めない、男女を間違える、本人に一生恥をかかせる、といった致命的な欠陥が出やすく、それなりの知識と注意が必要になります。「ありふれた名前はイヤだ」というかたは多いのですが、だからといって極端に奇抜に走っては危ないのです。
 

芸名やペンネームなら良い場合もある

奇抜な名前は、実名でつけるのは難点が出やすくリスクが大きいですが、芸名やペンネームで使う場合は、逆に人が一度見ると忘れにくいので有名になりやすく、良いこともあります。しかも芸名やペンネームは親でなく本人が作るものですから、自分で「みっともない」「嫌いだ」と思う名前はつけないはずです。

実名をつける時、親が面白がって勝手なことをする場合が問題なのです。しかも、人に読めなくてもかまわない、男女間違えられてもかまわない、といった感覚で名づけをしますと、そうした荒っぽい感覚そのものがお子さんに伝わり、お子さん本人も他人への迷惑に鈍感になる、という心配もあるのです。
 

社会人としての名づけを

あまり意識されないことですが、名前というのは個人の持ち物ではなく、社会の共有物です。遊び道具にしたり、ふざけて乱暴に扱ったりしてはならず、本人が誇りをもって一生使っていけるものでなければなりません。奇抜な名前は、一部のマスコミが面白がって集めて発表することもありますが、それはあくまで面白ネタとして流されているだけで、「それがトレンドだ」「そういうのもありなんだ」とつられてマネしてはならないものです。ご自分のお子さんの名づけだけはまじめにやらないと、あとで後悔しても間に合いません。

極端に奇抜な名前は、親だけが個性的だと思っていても、意外に社会の見る目は冷たく、ただのヘタくそな名づけに見られて、陰で笑われたり、悪く言われることが多いのです。時にはつけた人の知能やセンスを疑われることもありますので、親にとってもお子さん本人にとってもよいことではありません。


>> チビタス「赤ちゃんの名づけ最新事情」特集へ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。