出遅れ、PR不足で、なかなか定員に達せず

太鼓の演奏やブラスバンドなど、応援演奏に対しての評価は高かった

太鼓の演奏やブラスバンドなど、応援演奏に対しての評価は高かった
 

ボランティアスタッフも声をからして応援していた

ボランティアスタッフも声をからして応援していた
 

重要文化財に指定されている「川越まつり」に曳き回される山車とお囃子も応援

重要文化財に指定されている「川越まつり」に曳き回される山車とお囃子も応援
 

川越市のゆるキャラ「ときも」くん。特産のサツマイモと名所の「時の鐘」から命名

川越市のゆるキャラ「ときも」くん。特産のサツマイモと名所の「時の鐘」から命名

11月28日(日)、東京への通勤圏でもあり江戸時代の面影を色濃く残して観光地としても人気がある川越市の中心部を縦断するコースを設定した「小江戸川越マラソン2010」が開催されました。

700~800mに及ぶ重要文化財にも指定されている蔵造りの街並みは、電線なしで建造物はほとんど2階建てまでというすっきりした空が広がる通り。私も他に例を知らない文化財コースです。
東京から近くてこのコースなら昨今の例からして募集開始(8月20日)から一週間あれば定員(ハーフ7000名、10km2500名、ファンラン500名)に達してしまうと思いましたが、意に反してファンラン、10kmは早く定員に達したものの、ハーフの部は締切の10月15日間際まで受けつけられる形となりました。

この理由は、募集に関する広報の遅れというしかないでしょう。公式ホームページに申し込みについての案内が掲載されたのが受け付け開始の二日前、ランニング専門誌には7月発売号はおろか8月発売号にも案内されていなかったのですから。
こんな際どいことになったのも、そもそも大会開催に向けて実行委員会が組織されたのが今春というタイトなスケジュールだったからというのが一番の原因のようです。6月の時点で、大会の種目が固まっていないという状況だったのです。
それでも初回から1万名を越す応募があるとは、かつては考えられないことでした。マラソンブームはすごいことになってます。

驚異的に動いた商工会議所青年部

当コーナーガイドの私が川越陸上競技協会の役員として招集を受けたのは、5月も末になってからでした。いろいろと提案したいアイデアがあったのですが、その時点ではグランドデザインが固まっていて、細部で私の経験を役立てていただくにとどまったのはちょっと残念でした。
しかし、基本プランはサンケイスポーツという運営会社から出たものですが、その運営の実働部隊となった川越商工会議所青年部の皆さんの熱意は驚嘆すべきものでした。ランナーでもない方々がランナーのためのイベント作りに献身的に奉仕されている姿を見ると、ランナーとして本当に頭が下がる思いでした。

私もこれまでさまざまな大会に役員やボランティアとして参加したり、取材を行ったり、もちろんランナーとして参加するなど、いろいろな角度からマラソン大会に関わってきましたが、今回は実行委員会の中に入り込んでの経験で、各部門のキャップに立つ人たちの熱気に触れ苦労を実感しました。
スタッフの苦労を一つ一つ紹介していくとキリがないのですが、とてもフツーの勤め人には当日だけのボランティアは手伝えても、実行委員に連なっての活動は困難でしょう。最後の一ヶ月ほどは皆さん、半ば家業をなげうっての活動だったようです。走路部会の責任者がスタッフに発進したメールは、ついに104号になったとか。

スタッフの熱意がランナーに伝わった!?

こうしたスタッフの熱意はランナーにも伝わったようで、参加者の方々の評価を見ると、コースの素晴らしさの次ぎに挙げていたのがボランティの方々への感謝の言葉でした。ボランティアスタッフ2800名を集め、ランナーを温かく迎えていただくように大会趣旨をよく徹底したのは実行委員会の方々でした。
川越市は観光客が多いと言っても、観光に携わる市民の数はほんの一部で、元来訪問者をもてなすことには慣れていないと思われるのですが、ボランティアの方も沿道で応援する方も、ランナーの一生懸命に走る姿を見て感動したのだと思います。お互いに元気をもらういい雰囲気が町全体に生まれたようです。


改善を望む声も多数

ゴーrしてから給水所までが遠くて疲れたランナーからブーイング

フィニッシュから給水所までが遠く、疲れたランナーからブーイング
 

完走証の発行に時間がかかり長蛇の列。晴れで良かった

完走証の発行に時間がかかり長蛇の列。晴れで良かった
 

賞品はたくさんあったが、予定時間を大幅に遅れての抽選会は一考を要す

賞品はたくさんあったが、予定時間を大幅に遅れての抽選会は一考を要す

参加者の評価は、「コースは最高で感激した、ボランティアや沿道の応援に励まされた、来年もぜひ開催して欲しい、来年も参加したい」という声がほとんどでしたが、その反面、改善点の要望も多数ありました。
「初回の大会だから混乱はつきもの」と寛容の心があるものの、改善すれば良い大会になりそうだからぜひ改善して欲しい、という期待が込められていたようです。
大会実行委員会の方々にも、改めるべきは改める点としてランナーの声を次回に活かしてほしいと思います。
主なものを挙げると次のような点です。

・参加賞はもらってもうれしくなかった。再考を
・スタート地点への案内が不足・不明
・スタート直前までセレモニーを設定したプログラムにムリがあり、スタートに遅れた
・トイレが少ない(会場もコース中も)
・走路が混んで渋滞。募集人数が多すぎるのではないか
・途中もう一箇所の給水を
・キロ表示がなかったところがあった
・ゴール後、(疲れているのに)給水コーナーまでが遠かった
・記録証の発行に長時間かかった
・帰りのバスの案内がなかった(または混乱していた。やむを得ず歩いた人も多数)
・表彰式、抽選会が始まるのがたいへん遅かった

この他にもゲストの言動についてや、電話で申し込みを申し込みをされた方からは電話がつながらなかった(最近の大会には珍しく電話受付があった)、自転車置き場の案内が不充分などの指摘がありました。

トイレが載っていない会場地図

確かに参加者に配布されたプログラムや資料を見ると、こうした指摘は当然でした当然でした。
例えば、地図にはスタート・フィニッシュポイントは載っていますが、どこに並ぶのかが記されていません(待機場所は載っています)。トイレや荷物預け、記録証発行の場所が記されていません。
記録証の発行については、パンフレットには当日発行と記されていますが、プログラムには後日郵送と載っていました。
送迎バスについては、朝の送りバスはについては案内されているのですが、帰りの迎えバスについては記載がありません。参加者が混乱するのも無理がなかったでしょう。

なぜか遅いランナーを前に

混雑については、選手の並ばせ方に原因の一つがあったと思われます。
ハーフの部、10kmの部とも、先頭ブロックから自己申告タイムの早い順に、「男子500名+女子250名」ごとの整列でしたが、女子選手の走力と参加率(17%弱)を考慮すると、各ブロックの男女比はせいぜい「男子600名+女子100名」程度にしておくべきでした。
結果的に遅い選手が前方に沢山いるためにスタートラインを超えるまでに渋滞が生じ、ダンゴ状態が6km椙まで続いたようです。
タイム順のスタートは、スムーズで安全な走行のための良策ですが、折角申告タイム順にナンバーを振りながらなぜその通りに並ばせなかったのか大きな疑問です。

簡単に解決できる問題が多い

今回はハーフの部7000名、10kmの部2500名ということで、ハーフ参加者が特に多く、トイレの絶対数不足だけでなくこれも一時的なトイレ混雑を激しくした原因でしょう。目立たないところのトイレは案外空いていたという報告もあり、案内をもっと充実させていればもう少し良い状況だったのではないかと思います。

地図を作り替えたり看板を増やしたり、プログラムや会場レイアウトを工夫するだけで解決する項目がたくさんありますし、そのほかの問題も解決は用意だと思います。折角コースやスタッフの熱意が高得点を得ながら総合評価は並になってしまった小江戸川越マラソンですが、真摯に市民ランナーの意見を受け止めれば、一気に評価は高まると思われます。


継続するために必要なことは

ハーフのスタート。谷川真理さんがゲスト出場。ハーフを軽々と走り観戦者を驚嘆させた

ハーフのスタート。谷川真理さんがゲスト出場。ハーフを軽々と走り観戦者を驚嘆させた
 

蔵造りの街並みを駆け抜ける至福のコース

蔵造りの街並みを駆け抜ける至福のコース
 

ロケーションに合わせたコスプレランナーも多数参加、観戦者を楽しませた

ロケーションに合わせたコスプレランナーも多数参加、観戦者を楽しませた
 

ハーフ1位は地元東洋大学のルーキー設楽悠太

ハーフ1位は地元東洋大学のルーキー設楽悠太。箱根駅伝での快走を期待する声援があがった

改善点は多々ありますが、ランナーから期待され沿道の応援も素晴らしいと評価された大会ですから、ぜひ継続して欲しいと思います。そのためには、ランナーのだけでなく、地元の方々、地元企業を巻き込んだ形の大会に育つ必要があるでしょう。
この日、川越市街地以西に居住する人には動脈とも言える県道を4時間にわたって通行止めにし、多方面に大きな影響を与えているのですが、かけた迷惑がなんらかの形で還元されなければ大会は長続きしません。そのためには「市民の健康増進に寄与している」程度の意義では納得してもらえないでしょう。大会のおかげで市民の暮らしが実際によくなる、企業が繁栄するという実績を生み出さなければ早晩反対の声が大きくなります。

自分勝手なランナーを締めだそう

小江戸川越マラソンに限らず、それぞれの大会にはそれぞれの開催の意義があります。そんなことまで意識して参加するランナーの方は少ないと思いますが、マラソン大会を定着させるには、スタッフやボラティア、協賛企業への感謝を忘れてはいけないと思います。みんな一体となって元気のプレゼント交換を行うことがランナーにとっても良い大会を作ります。
沿道の応援に向かって「うるせー」と言った参加者がいたそうです。言語道断の言動ですが、こうした参加者に対して周囲の参加者が一斉に非難する土壌が育ってしかるべきだと思います。良い大会は、良いランナーと良い運営者と良い応援者によって育てられるものです。

スタッフの打ち上げでは、最も苦労をした大会実行委員長と川越市の担当職員が次回大会開催への意欲を表明していました。次回はどのように成長するのか楽しみです。「小江戸川越マラソン2011」は一日で募集定員に達するだろうと、早々と予想しておきます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。