今回は、以前に紹介した「ある都市型狭小住宅の見学記」の「完成編」です。都市型狭小住宅としても非常に厳しい条件の中で建てられた建物ですが、コンセプトの「狭広(せまひろ)」を実現した完成度の高い仕上がりとなっていました。この建物を見ながら、狭小住宅のあり方についても考えてみましょう。

外観

住宅密集地に建つ「狭広」住宅。周囲の環境などの制約もあり開口部を大きく取れない。そのため採光や通風を考慮した設えが必要となった

建物のスペックなどは、こちらを参照してください。最も感心させられたのは、光と風を室内に取り込む工夫でした。周辺は、東京都大田区の住宅密集エリア。一応、角地に立っているのですが、それでも周囲には住宅が迫っており、通風や採光にはやっかいな場所です。

このような場所では、隣家の窓と視線が重ならないようにする必要もあり、開口部を大きく取りづらくなります。ですから、必然的に開口部が少なくなるか、小さくならざるをえません。ではどうするか。

採光と通風に工夫を凝らした狭小住宅

採光を例に取ると、取り込んだ光を、住宅の中隅々に行き渡らせる工夫が必要になります。この建物では、3階から取り込んだ光をリビングにまで届かせるために、壁面や階段スペースに工夫が行われていました。

2階

2階のLDKと階段スペース。階段は光と風の通り道。シースルー階段としたほか、壁と天井などにも工夫を施した(クリックすると拡大します)

居室は全体にホワイトで統一。床材も光の関係を考慮して、白身の強い木材を使用していました。壁と天井には通常のクロス貼りではなく、グロス塗装仕上げが施されていました。これにより、光が反射して室内を明るく感じさせるという工夫です。

また、1階から2階、3階に続く階段は、全て蹴上げの部分がないシースルー階段。こうすることで光が建物全体に広がりやすくなり、かつ風が建物内部を通りやすくなります。2階はLDKで構成されていますが、間仕切りがないため、光も風も居室全体に行き渡ります。

通風と採光に考慮することは、イコールできるだけ間仕切らない空間とすることであり、こうした工夫により、「狭広」、狭い空間を広く使う(感じさせる)ということが可能となっているわけです。

さて、今回の住宅は建築家の藤本健生氏(POIアーキテクチャー)が設計(施工は神村工務店)したもの。さすが建築家というアイデアも盛り込まれていましたので、次のページでご紹介します。