冬に限らず、今では年間を通して履かれるようになったブーツは、お洒落に欠かせないアイテムのひとつですが、「ブーツの中のムレや臭いに困っている……」と悩んでいる人も多いもの。

そこで今回は、ブーツの臭いの原因と対策法の数々をご紹介。座敷等での食事会も多くなる時期でも、ブーツを脱ぐ際でも心配要らずの方法をご紹介します!

ブーツの臭いの原因とは?

ブーツの中は細菌は発生しやすい状態!

ブーツの中は細菌は発生しやすい状態!

ブーツの臭いといっても、そもそもの原因は足の裏にあります。足の裏は身体の中で最も汗をかくところ。しかもブーツを履いていることで密封状態になるため、汗は蒸発されずにブーツ内部の湿度が上昇、さらには体温によっても温まってしまうことで、細菌が繁殖するのに好都合な環境となり、臭いを発生させるのです。

そこで次からは、そもそもの臭いの原因である足裏ケアの方法をご紹介していきます。

 

臭いの原因を断つ! 足裏ケア法

足の臭いは、皮膚から剥がれ落ちた角質のタンパク質や皮脂などを分解する時に細菌が発生するのが原因。つまり、 足裏の角質を溜めずに早めに落とすことが肝心というわけ! 近頃では角質を落とすフットケアグッズがいろいろ市販されているので活用することをオススメします。特に角質が溜まりやすいかかとや指は念入りに洗い落しましょう!

また、外から帰ったら必ず足を洗う習慣をつけることも◎。その際は、指と指の間を広げて洗い、しっかりと水気を拭いておくことが大切です。さらに、毎日のお風呂ケアで足の細菌を洗い流すことも、足の臭い防止に役立ちます。例えば、殺菌作用のあるアロマオイル(ティートゥリーやユーカリなど)をお湯のはった洗面器に垂らし、その中に足をつけて洗うと細菌をキレイに落とすことが出来ますよ。

「1日の足の汚れはその日のうちにキレイに取り除く!」。これが足の臭い対策で大切なことになります。

臭いを残さないブーツのケア法

1日履いたブーツには汗がたっぷり含まれており、かなり湿っているもの。そのような状態のブーツを、外から帰ってきたと同時に下駄箱にしまってしまうのは危険です。ブーツは1回履いたら1日以上風通しの良い場所に日陰干しする、乾燥剤を入れておく、ドライヤーや扇風機などを利用するなど、完全に乾かすようにしましょう。 つまり、ブーツは同じものを毎日履かずに、2~3足を交互に使用するのが理想となります。

また、臭いがついてしまいどうしても落ちない場合は、薬局で消毒用アルコールを購入し、ブーツの内部にスプレーで吹きかけた後、ティッシュなどで拭き取ると◎。その他、アルコール入りのウェットティッシュや靴用の消臭スプレー、除菌パウダーなどの消臭・除菌剤を活用するのも便利でオススメです。

次ページでは、ブーツのデオドラント方法を紹介します。