松下幸之助が愛した穴子寿司

こちらには名物があります。それは穴子のお寿司。東京湾で獲れた大振りの穴子を弱火で炊くこと3時間。身に残る小骨までも柔らかに煮上げ、口に含むと瞬時に消え行く淡雪のような食感に仕上げています。その丁寧な仕事ぶりは、傷一つない艶やかな皮目からも知ることができるでしょう。ふんわりと握られたシャリと渾然一体となり、喉を通って行きました。この穴子を愛したのが、日本を代表する実業家の松下幸之助さん。上京の折にはもちろん、わざわざ関西からお付きの人をよこしていたという逸話も残っているのです。
穴子

穴子

さらにこだわりはネタとシャリだけに留まりません。山葵は鮮烈な香りや辛みの中にも、甘さを感じられる伊豆の本山葵、特別に仕入れる海苔など、ネタとシャリに負けない名脇役を揃えています。

蘭undefined3150円

蘭 3150円

蘭(3150円)は、他にも注文を受けてから茹でる車海老や、赤貝、アジ、白身などの7貫に鉄火とひもキュウが半巻きずつ。ひと口ごとに新鮮な驚きを感じられることでしょう。質と技が融合した、築地場内の寿司屋さん。営業時間は朝6時半から午後2時までと短いですが、わざわざ食べに行く価値は充分! 受け継がれてきた江戸前寿司の技をご堪能あれ。


■龍寿司

【所在地】:東京都中央区築地5-2-1 築地卸売市場1号館
【電話番号】:03-3541-9517
【営業時間】:6:30~14:00
【定休】:日祝(水曜は不定休)
【地図】:Yahoo!地図情報
【備考】:メニュー例 「菊」(2100円)、「江戸前穴子丼」(2100円)、「天然本鮪づけ丼」(2100円)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。