理系的発想の椅子

座面が編み目状になっている椅子はよく見かけるが、これはその中でもとびぬけてユニーク。
この椅子を見た瞬間思わず立ちどまって見入ってしまい、そして手がその座面の部分に自然に伸びていた。
ReLine

多くの来場者の目を釘付けにしていた椅子「ReLine」 Yuki Yamamoto

この座面に使われているものは、シリコンチューブというもの。このシリコンチューブは医療分野で使われているものだという。触ってみると、シリコンならではのグニュグニュとした感触がある。しかも、これは伸び縮みして、見た目以上に頑丈な作りだそうだ。
ReLine

メタルフレームの内側は、このシリコンチューブだけで構成されている

このチューブが椅子のフレームの内側のいたるところに張り巡らされている。この椅子は「ReLine」という作品名で、直線を少しずつずらして書き続けることで生まれる曲線をモチーフに作られている。その元になったのは、「 y = x の二乗」、「 y =10分の1×3」。「x の二乗+ Y の二乗=rの二乗」という数式。

ReLine

今回の椅子は、こうした数式とグラフが元になってデザインされている

つまり、理系的発想の椅子と言える。
ReLine

ラウンジチェア 「 y =10分の1×3」

一つの椅子に使われているシリコンチューブは、ほどくと1本のものが使われている。その長さは、なんと約60メートル。座り心地は程よいクッション性でなかなかのもの。何本もの折り重なった線が体圧を分散し、それが面のようになって全体で心地良く体を支えてくれる。

体圧を分散してくれるので、これはいろいろな分野で使うことができそうだ。
ReLine

チェア 「 y = x の二乗」。ボディもさることながら、影のシルエットも美しい


【関連リンク】
・レインボールーラー
・リーフレター
・WALDEN
・ReLine

・デザインタイド公式サイト
・「グッドデザイン EXPO 文具レポート」

【最近の記事】
大きさを変幻自在に変えられるブックカバー
旅行をテーマにした、これまでになかった手帳「BTDT」
もう牛乳を買い忘れることはなくなるだろう