女性にもおすすめのウイスキー専門店

W.の外観

W.の外観

ウイスキーを身近に感じ、愉しみ方を広げてくれるショップがある。
大阪・堂島のサントリービル1階にある「WHISKY SHOP W.」(ウイスキー・ショップ・ダブリュー)。9月8日にオープンした。

サントリーウイスキー、輸入ウイスキーが100種類以上揃い、ボトルでの購入だけでなくカウンターでテイスティング(15ml/有料)できる。さらにはウイスキーに合うショコラ、それにチーズ(¥714)やベーコン(¥735)、鮭(¥788)といった燻製(古樽材のチップ使用)にドライフルーツなども揃えられている。

店内

リビングを醸す店内

シングルカスク山崎、白州1997(2銘柄とも15ml/¥400)をカウンターで試飲した。山崎はシェリー樽、白州はホッグスヘッド樽熟成のものだが、それぞれの香味特性がどうのこうのと感じ取ることよりも、「東京にもこんなショップがあればいいのに」との思いだった。
ワイン、焼酎とブームがつづき、ウイスキーの売り場がなかなか幅を利かせるまでにいたらなかった。それだけにウイスキー専門店の登場は喜ばしい。大阪の人が羨ましい。

「W.」という店名はウイスキーとウーマンのWをかけたもので、女性も気軽に立ち寄れる店だ。通りに面していて、明るく軽やかで開放的な印象を持たせる。一歩店に踏み入れると、ソファを置いたリビングのセットが目に入り、ウイスキーのある寛ぎの空間を伝えている。
 

贈答にウイスキーとつまみのセット

ティスティング

スタッフの説明を受けながらのティスティング

ボトル購入のために訪れる人、ウイスキーの香味を知るために訪れる人など目的は違うだろう。わたしはプレゼント選びに活用できる店だと思った。

よく言う、マリアージュ。フルボトルを購入しなくても、香味特性の異なる数種のミニチュアボトルに、それぞれの香味に合うスモークチーズやドライフルーツといったつまみを選んでセットにすると、素敵な贈りものになる。
組み合わせはスタッフが丁寧に説明してくれる。
 

ドライフルーツ

ドライフルーツの品揃えも豊富

わたしはフルーツのピールが気になって、白州に合うものは、とスタッフの方に相談したら、「柚子のピールがおすすめです」とすぐに答えてくれて素直に購入した。他に伊予柑、レモンも購入(すべて¥368)。ところが深夜、大阪のホテルの部屋で気になって、柚子をひとつまみ口にしたらおいしくて、白州と合わせてみることなく一袋食べつくしてしまった。だからまた買いに行かなくちゃならない。次の大阪行で忘れないようにしなければ。
昼の11時からオープンしている。わたしは午後1時過ぎに訪ねたのだが、1、2杯テイスティングしてボトルを購入していく男性客、ショコラやドライフルーツとのマリアージュをスタッフに相談している女性客など、気軽に立ち寄って行く姿が見られた。
読者の皆さんも大阪にお出かけの際は、是非一度訪ねていただきたい。
 

W.

 

WHISKY SHOP W.
大阪市北区堂島浜2-1-40 サントリービル1階
tel.06-6341-3123
11:00~19:00 土日祝休



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。