実はとっても便利!クリップボードの使い方

スリムメイト

サンダース「スリムメイト」2,300円(税込)

路上アンケートとかによく使われるクリップボードという道具があります。というか、まあ皆さん普通に知っていると思うのですが、この、昔からある道具が実は持ってると凄く便利だということを知っている人は少ないような気がします。いや、便利なのは分かっていても、そのルックスとか古くさい感じに、何となく普段使うものではない、そんな気がしているのかもしれません。

クリップボードは、立ったままでも、机が無くても、しっかりとした文字をスムーズに書くことができるという道具です。要するに、「どこでも机」です。この「どこでも机」を実現するツールは、クリップボードの他には画板かブロックメモくらいしか思い付きません。そして、画板は大き過ぎ、メモは小さ過ぎ、A4の紙に立ったまま文字を書く環境としては、クリップボードが最も優れた道具だと思うのです。

しかもクリップボードは外出時に限らず、寝転んだり、椅子に寄り掛かったり、トイレの中だったりしても、何の問題もなく字が書けます。同様に書類を読むのにもとても便利なツールです。本当に、「机」のように使えてしまうので、ガイド納富はハイタイドの小振りのクリップボード(A5サイズ)をカバンに入れています。大きなクリップでガッチリと紙を挟む安心感と、しっかりと筆圧をかけて筆記できる安定感は取材時にも活躍します。そんなプロのツールだと思うクリップボードですが、実際、モバイルライティングツールとして活用している人は少ないと思うのです。

クリップボードに筆記具を収納!モバイル文具箱を活用 サンダース「スリムメイト」

pd02.jpg

クリップボードはハードカバーのノートと比べても、立ったり膝に乗せたりの状態での書きやすさは格段に上

アメリカのクリップボードメーカー、サンダースの「スリムメイト」は、そんな微妙に不遇なクリップボードの地位向上を一気に成し遂げる事ができる、革新的と言ってもいいクリップボードの名品です。まあ、正体は、薄いカルトンケースのような箱にクリップボード機能を持たせたというだけのもので、それほどのモノではないように見えると思います。でも、この薄い箱と合体することで、クリップボードの活用範囲が大きく広がります。

pd03.jpg

クリップボードの下部はケースになっている

基本的な使い方としては、この箱部分に紙を入れておいたり、既に書いた紙を収納したりといった感じでしょう。筆記具を置く場所も設けられているので、これで、ある程度は「どこでも机」が実現します。紙はルーズリーフの用紙を使うと、スキャンも出来るし、後でノートとしてまとめることも出来て便利です。スキャンを前提にするなら、マルマンのニーモシネノートパッドも書きやすくて良い感じです。

pd04

A4までの用紙の他、筆記具、ハサミ、糊などが収納出来るので、まるで文具箱のように使える

箱の内部の高さが18mmあるので、筆記具はもちろん(巨大なペンケースとしても使えます)、USBメモリーや電卓、ハサミ、糊など、机の引き出しの一番上の段に常備している文房具をまとめて収納、持ち歩くことが出来るのです。気分は子供の頃の道具箱。大人の文具箱として使えるというわけです。これで、ますます「どこでも机」ですね。ボードの上なら、糊付け作業もOKです。iPadやノートパソコンでは不可能な、別の形のモバイル環境ですね。サンダーズでは、「ポータブルデスクトップ」と呼んでいるようです。

次のページではさらに広がる活用法をご紹介します。


ホワイトボードやiPadと組み合わせることで広がる可能性

pd05

持ち歩けるホワイトボード、humの「orator(オーラタ)」と組み合わせれば、書いては消せるアイディアメモ環境が出来上がる

このガイド記事でも紹介した、humの「orator(オーラタ)」という、シートタイプのホワイトボード(正確にはホワイトボードの機能を持った様々な色のシート)があります。とてもヒットした便利でスマートなツールですが、この「orator」を、「スリムメイト」 に入れれば、更にその活用範囲が広がります。クリップボード部分にシートを挟んで、書いては消し書いては消して、アイディアを練ったり、その日の備忘録を書いて、クリップボードに挟んだままで持ち歩いたりと、ホワイトボードの利用法も広がります。ガイド納富は、トークショーなどのカンペをさっと作って置いておく用途に重宝しています。
pd06

スリムメイトは内寸の高さが18mmあるので、iPadも余裕で収納可能

また、この「スリムメイト」、実はiPadが収納可能です。中で擦れるのが怖い場合は、布で包んだり、バード電子の「HAORI」を使えば安心です。これで、簡単にアナログとデジタルの融合環境の出来上がりです。しかも、持ち歩けます。つまり、iPad用のノート機能付きのハードケースですね。ケーブルやアダプター類の収納もできます。iPadで調べた内容をサッとメモする時など、クリップボードに挟んだ紙が役立ちます。それこそ、この「スリムメイト」一つを持って仕事に出掛けることさえできそうです。紙とiPadの連携には、まだ様々なアイディアが生まれる余地があると思っているのですが、このiPadとスリムメイトのコンビが、アイディアを生みだすきっかけになるかも知れません。

ガイド納富の「こだわりチェック」

pd07

ガッチリしたクリップ部分も魅力。このクリップの下にあるサンダースのロゴ部分を開くと、ケースの開閉が行える

色々と「スリムメイト」の有用性を述べましたが、本当のところ、ガイド納富は単に薄くて広いモノが好きなのかも知れません。紙とかノート、iPadとかノートパソコン、ファイルフォルダ、薄マチのカバン、封筒、手拭い、雑誌、画集、などなど、薄くて広いグッズは、使いやすさとルックスがきちんと融合したモノが多いように思うのです。しかも、この「スリムメイト」、一見、ざっくりと作られた、いかにもアメリカンな仕上げのようで、蝶番部分に金属を使い、クリップは大きくて丈夫な金属性、ピッタリと閉じるケース部など、押さえる所は押さえた設計。タフなビジネスシーンで使える、そのヘビーデューティーな姿勢にも痺れます。

A4サイズの紙をセットして書けるサイズなので、やや大きいのですが、A4ファイルサイズのカバンにちょうど入るので、持ち歩くのに面倒なことはありません。カバンの中でも薄いので邪魔になりません。むしろ文具箱的に使えるので、カバンの中の小物が整理出来て、カバンを広く使うこともできるでしょう。そして、電車の中などでもストレス無く筆記できます。これを使い始めて、すっかり外でアイディアを練ることが増えたのは、便利であるのはもちろん、何だか使っていて(または手にしていて)楽しくなるツールだからではないかと考えています。

【関連リンク】
サンダースの「スリムメイト」は信頼文具舗で購入出来ます
サンダースのアルミケース付きバインダーも面白い製品です
humの「orator(オーラタ)」の購入はこちらから
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。