2つのトレンド要素を兼備するキャメルのトレンチ

今シーズン立ち上がりの記事でも紹介したように、この秋冬は“ミリタリー”が大きなトレンドとなっています。それに関しては該当する記事(参照:「この秋はミリタリーをロックオン!」)を読んでいただければと思いますが、その一方で、旬なからーとしてはミディアムカラーが浮上しています。これは、昨年のトレンドカラーがブラックだった(参照:「狙い目はトレンドのブラックアウター」)ことからの反動とも言えそうです。いずれにしても、“ミリタリー”が薫るカーキ系のカラーで言えば“キャメル”が注目されています。
トレンチコート

ショートトレンチコート2万5200円/ジャーナル スタンダード(ジャーナル スタンダード 渋谷店 TEL:03-5457-0700) Photo:石井幸久

そんな“ミリタリー”と“キャメル”という2つの要素を掛け合わせた時に浮上するのがトレンチコートです。大人なコーディネイトに欠かせない定番アウターですが、それを着こなすことで今季らしさが演出できます。またトレンドのアウターだからこそ、今ならバリエーションも豊富。そんななかでもお勧めしたいのがショート丈のタイプです。ロング丈でややゆとりのあるシルエットをウエストベルトで締めるのが本来のトレンチコートですが、短めの丈で細身のタイプを選ぶことで今日的で軽快なイメージになります。さらに、丈が短いとコーディネイトする楽しみが増えます。パンツの大部分が隠れてしまうロング丈とは違い、丈が短めだと合わせるパンツによってイメージが大きく変わるのです。


次のページでもトレンチコートを紹介します。

長い目で見ればブラックという選択肢も魅力的

トレンチコート

ショートトレンチ1万8900円/ジャーナル スタンダード レリューム(ジャーナル スタンダード レリューム 表参道店 TEL:03-6438-0401) Photo:石井幸久

トレンチコートの定番カラーはキャメルです。したがって基本的には合わせるパンツを選びませんが、インナー選びが少し難しかったりします。冬のアウターとしては明るめの色なので、オフに着こなすのはそれなりのテクニックが必要なのです。その点、ブラックならキャメルよりも気軽に着まわすことができます。また、キャメルよりもブラックの方が着る人を選びません。さらにブラックなら、多少緩んできた体型でも引き締まって見えます。ということで、ブラックという選択も捨てがたいものです。キャメルとブラック両方を揃えても良いかもしれません。 

detail

ストームフラップやエポレットはトレンチコートを象徴するディテール。

最後に、改めてトレンチコートの特徴的な仕様に触れたいと思います。そもそもトレンチコートは、第一次大戦の末期に英国陸軍の塹壕戦用に開発されたもので、トレンチは“塹壕”という意味です。そのため、多くの機能的ディテールが盛り込まれています。もっとも特徴的なのは、雨風や土砂などの侵入を防ぐダブルブレスト。チンストラップ(チンウォーマー)や袖口のストラップもその効果を高め、防寒性を向上しててくれます。右肩のストームフラップは、フロントのボタンをすべて留めた上から重ねることで、上からの雨垂れを防ぐもの。銃を肩で固定する際の補強布にもなるため、ガンパッチとも呼ばれます。

detail

バックスタイルからもトレンチをわかる凝った仕様が魅力的です。

また、荷物を肩に掛ける際に固定することができるエポレットもポイント。背中のケープ状の当て布はもともと内側が通気するようになっていて、空気は通しても上から落ちる雨水は侵入させないという工夫から生まれたもののようです。素材としてはギャバジンという防水加工のコットン生地が正統で、これもトレンチコートならではの雰囲気を醸し出します。

ほかにも機能的な仕様はあります。こんなにもたくさんのギミックが凝縮したトレンチコートは、持っていて損のないアウター。“キング・オブ・コート”という異名さえあるのです。いずれのディテールも現在は装飾的意味合いが強くなっていますが、頼れるアウターであることには変わりありません。バリエーションが出揃っている今だからこそ、納得のいくトレンチコートを探してみてください。

【問い合わせ先】
ジャーナル スタンダード 渋谷店
TEL:03-5457-0700

ジャーナル スタンダード レリューム
TEL:03-6438-0401

【最近の主な記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。