5月以降円高が続いています。5月には1ドル95円だった為替が、既に82円台に突入しています。日本政府は為替介入を行いこれ以上の円高は阻止する姿勢ですが、アメリカ政府による金融緩和政策で、当面円高基調は続きそうです。そこで今回は、こんな円高局面でも株価が上昇している銘柄をピックアップしました。

日経平均が14%下落するなか上昇した銘柄は?

5月に約95円だったドルでしたが9月には83円まで下落しました。下落率に換算すると約13%です。円高が進むと株価も輸出関連企業を中心に下落します。5月以降日経平均株価も約14%下落しました。

円高は株価にも悪影響を与えているようです。

ただそのような円高局面でも上がっている銘柄はあります。今回は5月以降に大きく上昇した銘柄を統計データよりピックアップしました。

検証の条件は以下の通りです。

■買い条件
5月6日の寄付に買い
■売り条件
120日経過後(9月6日)に売り
■対象
東証1部銘柄

検証結果は以下の通りになりました。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
勝率: 9.38 %
勝ち数: 140 回
負け数: 1,353 回
引き分け数: 5 回

平均損益(円): -65,386 円  平均損益(率): -14.99 %
平均利益(円): 33,028 円  平均利益(率): 7.89 %
平均損失(円): -75,811 円  平均損失(率): -17.42 %
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

日経平均が14%下落した局面でしたので、成績そのものはもちろん悪いですが、このような株価下落局面でも約9.4%の銘柄は上昇したと言えるでしょう。

では次のページで具体的な銘柄を見てみましょう!