冬でも植え付け可能なのは、寒さに強い品種

アスパラガスは、冬でも植え付けOK、植えっぱなしで収穫できます

アスパラガスは、冬でも植え付けOK、植えっぱなしで収穫できます

家庭菜園にとって、冬は土作りの季節。これまでに栽培した作物の残りを整理し、春に向けて土の準備をする季節です。冬は霜や雪の影響を受けたり、種を撒いても気温が足りず発芽に至らないこともあるので、来春に収穫する作物の種まきは、暖かい地域でも11月中に済ませておくのが基本です。

土作りは土壌改良ともいい、肥料以上に重要なことです。土の中の有機質や微生物量が多ければ多いほど、肥料の効きが良くなり、病害虫に強くなるため、肥料や農薬の量を減らすことができ、安全・安心で美味しい野菜を育てることができます。

ただ、関東南部より温暖な地域では、例外としてホウレンソウやコマツナ(小松菜)の寒さに強い品種なら冬でも植え付けが可能です。またアスパラガスなら、いつでも植えつけOKです。

ホウレンソウ

ホウレンソウは、本来なら秋まきがおすすめです

ホウレンソウは、本来なら秋まきがおすすめです

ホウレンソウは、1年中見かける野菜です。ただ、気温が低くなると甘みが増し、おいしくなっていくので、おすすめなのは秋まきです。ただし、寒さに強い品種(例:アンナ)であれば、冬からはじめることも可能です。

詳しくはガイド記事「ホウレンソウの育て方」を参照してください。

コマツナ(小松菜)

コマツナも、東京以南なら、一年中栽培できます

コマツナ(小松菜)も、東京以南なら、1年中栽培できます

コマツナ(小松菜)は、東京以南の温かい地域なら、1年中種まきが可能です。種をまいてから、寒い時期なら2カ月程度、春以降の温かい時期なら、1カ月程度で収穫が可能です。

ところで、「寒さに強い品種」って、実際の売り場でどうやって探したら良いのでしょう?

答えは、種が入っている袋の裏にあります。種の袋の裏を見てみると、その品種の特徴や栽培スケジュール、栽培の要点などが書かれています。この中に、「寒さに強い」ということが書かれているものや、栽培スケジュールのなかで、種まきの時期が冬でもOKなものを選べば良いのです。なお、寒さに強い品種の代表は新晩生小松菜です。

アスパラガス

アスパラガスは病害虫の被害も少なく、手入れも簡単で、ガイドおすすめの作物です

アスパラガスは病害虫の被害も少なく、手入れも簡単で、ガイドおすすめの作物です

宿根草に分類されるアスパラガスは、冬になると地上部の葉や茎はすべて枯れてしまいます。普段私たちが口にする部分は、土から出てきたばかりの新芽の部分なのです。秋から冬にかけて、アスパラガスは根っこの部分だけで売られているので、それを土の中に植えつければOK。アスパラガスは病害虫の被害もほとんどなく、手入れも簡単。植えっぱなしで毎年収穫できる、ガイドおすすめの作物です。

詳しくはガイド記事「アスパラガスの栽培方法・育て方」を参照してください。

種袋の裏は、情報の宝庫

種袋のウラ

種袋の裏面を読めば、大まかな栽培方法がわかります

余談になりますが、種の袋の裏面、じっくりと読んだことはありますか? 小さなスペースの中に、さまざまな情報が詰め込まれていて、この部分を読むだけで必要な肥料や手入れのタイミングなどがわかるようになっています。

たとえばホウレンソウという作物ひとつとっても、さまざまな品種があり、「栽培が容易」や「温暖な地域に適している」など、自分に合った品種を選ぶための情報が見つかります。種を選ぶ際は、種袋の表だけでなく、裏もじっくりと読んでみましょう。

【関連記事】
家庭菜園の土作り(畑編)
家庭菜園の土作り(プランター編)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。