おやつ。美味しそうに食べる愛犬の様子を見ていると、あれこれあげたくなりますよね。でも、食事とのバランス、考えていますか? おやつもあげすぎは禁物。ちょっとだけ気配りして与えてあげましょう。

おやつをあげる意味

「こんなに食べちゃっていいのかなぁ~」
愛犬にとって必要な栄養バランスを崩さない程度のおやつを。
ペットショップや量販店のペットコーナーに行くと、目移りするくらいたくさんのおやつが並んでいます。それを選ぶのも楽しいものですが、犬にとっておやつは必要なものなのでしょうか? 栄養バランスのいい食事を与えているのであれば、あえておやつを与えなくてもいいわけです。

それでもおやつを与えたいと思うのは、犬がおやつを喜ぶということもありますが、一つには飼い主である私達自身がおやつを与えるという喜びを感じているからではないでしょうか。もう一つには、しつけをする際のモチベーションとして使えるということ。犬の気を引いたり、ご褒美として与えることで、その行動を強く印象づけていくことができます。どちらにしても愛犬とのコミュニケーションをはかるツールの一つとしてとらえることができるでしょう。

おやつは「おまけ」 食事の栄養バランスを崩さない程度に

食事とおやつとのバランスというものを考えたことがありますか? たとえば、「なかなかドッグフードを食べてくれないので、おやつを与えてみたところよく食べてくれる。それ以来、食事というよりおやつを与える量のほうが増えてしまった」など。

おやつも種類によっては脂肪分が高かったり塩分が強いものもあります。おやつばかりを多くあげていると栄養過多や栄養不足に陥り、健康面でいろいろな影響も出てきてしまいます。脂肪分が多いものを多く与えていれば肥満にもなるでしょう。

あくまでもおやつはおまけ。与える際には1日に必要な食事量のうち10~20%程度の量になるように気をつけましょう。その分、主食を少し減らすようにします。与えるおやつのカロリーや栄養成分も気にしてみてください。脂肪分が多いものばかりを与え続ければ、当然、脂肪を多く摂りすぎてしまうことになります。与えるおやつも毎日同じものではなく、バラエティに富ませて特定の栄養成分が偏りすぎてしまうことのないようにしたいものですね。

おやつを選ぶ時にはドッグフードを選ぶのと同じ。合成添加物など体に害のあるものが入っていないか、パッケージの表示も確認するようにしましょう。


おやつの与え方

おやつの与え過ぎを避けるためにも、1日に与えるおやつをあらかじめタッパーなどの入れ物に入れておき、中身がなくなったらその日はそれ以上おやつを与えないなど、ちょっとした決まりごとをつくっておくといいと思います。

ジャーキーなど細かくできるおやつはなるべく小さめにカットして、あげる回数を多くするのも一つの方法です。逆に、アキレスボーンやガムなど1つのもので長時間楽しめるおやつをあげるのもいいでしょう。ただし、アキレスボーンの類いは脂肪分も多いので、毎日与えるのはちょっと考えもの。いろいろなタイプのおやつをランダムに組み合わせて、いろいろな楽しみを与えてあげるのがいいのではないでしょうか。

楽しみという観点からは、おやつを中に仕込めるタイプのオモチャを使うのもお勧め。いわゆる犬用の知育玩具です。中のおやつをどうしたら食べることができるのか、犬はそれを考えながら遊びに夢中になれます。おやつを与える量は少量で済み、かつ長く楽しめるという点で使えるオモチャだと思います。

おやつを留守番に利用する

留守番時やトレーニング時にもつかえるおやつ
おやつは犬を留守番させる時やトレーニングする時にも使える。
おやつを中に仕込めるオモチャは愛犬を留守番させる時にも利用できます。一人ぼっちで留守番をしていると寂しさや何もやることがなくてイタズラしたり、吠えてしまったりなんていう問題が出ることがありますが、こうしたオモチャを与えておくことで、そのストレスを大なり小なり解消することも可能です。短い時間の外出であれば、オモチャに夢中になっている間に飼い主さんが帰宅、犬も留守中の寂しさを感じることなく過ごせるでしょう。

留守にする時間の長さによっては、こうしたオモチャをいくつか用意し、中に入れるおやつの種類も変えて、数ヶ所に置いておくのもいいかも。宝物探しならぬおやつ探しに、愛犬は夢中になるかもしれませんよ。


おやつをしつけに利用する

おやつはしつけやトレーニングをする際にも利用できます。この場合は量を与えたいのではなく、注意を引いたりご褒美として使いたいので、おやつもなるべく細かくカットしてしまいます。犬のサイズによって若干異なりますが、指の先程度の大きさで十分。場合によっては匂いを嗅がせたり、指についた「味」を舐めさせるだけでも大丈夫です。

しつけやトレーニングは室内ばかりでなく戸外で行うことも多いですから、持ち運びに便利なようにジャーキーなど乾燥した固形タイプのおやつが便利。注意したいのは乾燥レバー。トレーニングの時に使われることがよくありますが、ご存知のようにレバーはビタミンAが豊富であり、与えすぎは過剰症を招くことになりますのでほどほどに。

トレーニングに使うおやつを2~3種類用意しておくというのもいいと思います。つまり、おやつにちょっとランクを設けるということ。犬にも好みというのがありますので「好きなおやつ」「もっと好きなおやつ」「とびっきり好きなおやつ」というのを見つけておきます。トレーニングの中で普通には「好きなおやつ」を使っておき、まさにここ!という褒めたい時や犬の意識をより集中させたい時などには、「とびっきり好きなおやつ」を誘導やご褒美として使うことでトレーニングをスムーズにさせることも可能なのです。

おやつはなにも市販品ばかりではありません。愛犬の好みや健康に合うように手づくりしてみるのもお勧めです。栄養バランスを崩さない程度にいろいろなものを楽しんでみてくださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。