犬とお出かけするにも、必要なグッズ、あったら便利だなと思うものがあります。必要に応じて、少しずつ用意するようにしましょう。

首輪&リード、ハーネス

光る首輪
暗くなってからのお散歩に。首輪が光るタイプもある他、光源自体を首輪に付けることができるタイプもあり。
首輪とリード、またはハーネスは、散歩はもちろん、お出かけするには必需品です。1種類だけではなく、日頃から数種類用意しておくと何かと便利。お出かけする際にも、予備として1種類余分に持ち歩くといいでしょう。特に旅行の際など、汚してしまったり、長さが必要な時などリードを2本繋げて使用することもできますし、持っててよかったと思うこともあります。

最近では、デザインも個性的で、洒落たものも多くなり、選ぶのも楽しいものです。しかし、見た目だけにとらわれず、実際に犬が付けて苦しくないか、つくりがしっかりしているか、色落ちしないか……などチェックしてお選びください。呼吸器系に問題がある子などの場合は、首輪よりハーネスのほうがいいと思いますが、タイプによっては逆に胸や関節に負担がかかってしまうものもありますので、つくりや素材などをチェックし、愛犬に合うものを選んでみてください。

お散歩バッグ

お散歩バッグ
ショルダーバッグやヒップバックのようなお散歩バッグだと両手も使えて便利。
ウンチ袋やティッシュ、おやつにおもちゃ、飲み水など、お散歩やお出かけに最低限必要なものをひとまとめにして持ち歩けるお散歩バッグは、ぜひ一つ欲しいところです。中に入れるものにもよりますが、ショルダーバッグやウェストポーチ、ヒップバックのようなタイプですと両手が使えて便利ですね。


迷子札

迷子札
万が一のために、愛犬の名前や連絡先を書いた迷子札を付けておこう。
ぜひ犬に付けておきたいのが迷子札。旅行に出かけたのはいいものの、旅先で迷子になってしまうというケースがわりとあります。「鑑札や迷子札さえ付けておいてもらえれば、家に帰れる犬も多いんですよね」とは、保護施設スタッフの言葉。

愛犬が迷子になってから、迷子札を付けておけば…、と思ってみても遅いのです。メダル型、カプセル型などいくつか種類がありますから、好みのものを選び、愛犬に付けておくことをお勧めします。迷子札の代わりに、首輪やリードに犬の名前や連絡先を刺繍や刻印してくれるタイプもありますので、そうしたものを利用するのもいいでしょう。

犬用の水筒

犬用水ボトル
水を入れるボトルと器とがセットになった、コンパクトな犬用の水筒。
運動した後や興奮した後などは、お水を飲みたがるもの。犬の体に付いたちょっとした汚れを洗い落としたり、路上にしたオシッコを洗い流したりする時にも使えますし、水筒や水を入れたボトルを1本持ち歩くといいと思います。

水飲み用のお皿まで持ち歩くのは少々かさばりますが、写真のようにボトルと器とがセットになったコンパクトな水入れが販売されていますので、こういったものを使ってみるのもいいですね。

キャリーバッグ

キャリーバッグ
小型犬の場合、電車やバスに乗る際にもキャリーバッグがあると便利。
出かけることが多いお宅なら、小型犬の場合、写真のようなキャリーバッグを用意しておくのもいいでしょう。車でのお出かけにはもちろん、電車やバスに乗る際にも使えます。

ちなみに、JRの手回り品に関する規則によれば、小犬やネコ、鳩などのような小動物(猛獣やへびの類を除く)は電車に乗せることができますが、「長さ70cm以内で、縦・横・高さの合計が90cm程度のケースに入れたもの」「ケースと動物を合わせた重さが10kg以内のもの」という決まりがあり、駅の構内や電車の中ではケースから出さないように求められています。

キャリーバッグを選ぶ際は、通気性もよく、丈夫で、軽く、犬にとっても居心地のいいものを選んであげたいですね。

ペットスリング

ペットスリング
最近では、写真のように肩から掛けられるペット用スリングも販売されている。両手が使える分、便利な品。
最近、わりと人気になっているのが、このペットスリング。人間の赤ちゃんをこんな感じでダッコしている様子を目にしたことがある人も多いことでしょう。その犬版です。

布など優しい素材でできていること、肩から掛けられるので両手が使えること、多くの商品が使わない時にはコンパクトに収納できること、何より体が触れ合っている分、安心感が生まれること。そんな理由からファンが多いようです。ショップによって素材やデザインに個性を感じることができ、選ぶのが楽しいグッズでもあります。

犬用カート

犬用カート
小型犬を多頭飼いしている場合は、犬用カートも便利かも。
ペットスリングと並んで人気を呼んでいるのが、写真のような犬用カート。人間の赤ちゃん用の乳母車を連想させますね。特に小型犬を多頭飼いしているような場合、人通りの多い場所を歩く時とか、ドッグカフェに行く時など、ちょっとした荷物も一緒に乗せられますし、利用範囲も広いのではないでしょうか。

健康な子に限らず、病気や怪我、また高齢で動けない子を乗せて、気晴らしに散歩に連れ出す際にも使えます。タイプは少々違いますが、犬の介護用として似たようなカートも販売されていますので、将来を見据え、高齢になった時の準備品として考えることもできます。

犬用カートにしろ、ペットスリング、キャリーバッグにしろ、犬を移動させる際には確かに便利です。しかし、必要以上にそうしたグッズ類に頼ることのないように。健康であるなら、なるべく自分の脚で歩くのが一番なのです。

犬用の洋服

近年人気の犬服
近年人気となっている犬用の洋服。用途に合わせたものを選びたい。
最後に、お出かけに必需品というわけでもありませんが、犬用の洋服について。

犬に洋服を着せることについては賛否両論あるものの、ドッグカフェに行く時や旅行で宿に泊まる時などには、被毛の抜け・飛び散り防止に、一つのマナーとして洋服を着せることがあります。特に換毛期のお出かけ、また被毛の抜けやすいタイプの子の場合は、洋服を着せるのもいいかと思います。

しかし、犬は着せ替え人形ではありません。本来もっている自分の被毛のほうがずっとずっと美しく、被毛には暑さや寒さから身を守る役目もありますので、それを育てることも大事。必要以上に洋服を着せることは控えたいもの、適度にお楽しみください。


お出かけグッズは、なるべく安全で使い勝手のいいものを選びたいものですが、それを探して選ぶというのも結構楽しいですよ。みなさんもお気に入りのグッズが見つかりますように。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。