猫の年齢に見合った良質なフードをお選びください
猫の年齢に見合った良質なフードをお選びください
猫を健康に育てるためには、食事が重要なポイントのひとつです。今から30年以上前の飼い猫の平均寿命は6~8歳で、10歳を超えると「とても長生きですね」といわれたものです。現在は室内で適切に飼われている猫で特に持病がなければ、10歳を超えるのが当たり前の時代になっています(現在の飼い猫の平均寿命は13~15歳)。なぜ昔の猫と現在の猫の平均寿命に大きな差が出てきたのでしょうか?

長生きできるようになった理由は色々ありますが、わたしは猫の栄養を研究し作られた良質なキャットフードのおかげではないかと思っています。キャットフードに関しては、猫が本来必要としない炭水化物がたくさん含まれていることや、酸化防止剤の問題など諸説ありますが、外の猫たちを観察していると良質なキャットフードを与えられている猫は風邪などの感染症に対する抵抗力が高いと感じます。

近年、猫が腫瘍になったり、今まではあまりみられない病気にかかる猫が増えていることに対して、猫の食生活に問題があるのではないか?とキャットフードに対して疑問の声を聞きます。しかし、30年前に比べ平均寿命が倍近く伸びているのですから、以前はみられなかった病気にかかる猫が増えても仕方がないのではないでしょうか。

ペットフード売り場ではさまざまな種類のキャットフードが販売されていて、どれにすればよいのかよくわからないことが多いと思います。ここでは、キャットフードを選ぶための基礎知識をご紹介します。

キャットフードの分類

アメリカにあるAAFCO(アアフコ:米国飼料検査官協会)が定めているペットフードの栄養に関するガイドラインが、ペットの世界的な栄養基準とされています。日本でも2009年6月から「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)」が施行されています。これにより、ペットの健康に悪影響を及ぼすペットフードの製造、輸入または販売は禁止され、製造業者名や賞味期限などの表示が義務付けられています。

キャットフードは目的に合わせて、以下のように分類することができますので上手に使い分けてください。

  1. 総合栄養食
    このタイプのフードと水があれば、猫が必要とする栄養素をすべて満たしている食事になります。毎日の主食として、このフードをメインに与えてください。ほとんどのドライフードはこの「総合栄養食」です。

    きちんとした定義はありませんが、総合栄養食のうちエコノミーフードとは比較的低価格で量販店でも購入できるもの。一方、プレミアムフードは比較的価格が高く、原材料のこだわりや製法に独自の技術を持っていて、主にペットショップや動物病院などで販売されており、量販店などでは販売されていないことが多いようです。自身の愛猫に適切だと思われるフードをお選びください。
     
  2. 間食(おやつ、スナックなど)
    猫の気分転換のおやつやご褒美として少量与えるものです。これだけでは猫の栄養素を満たすことができませんし、嗜好性の高いものが多いので、あげる時は「その理由」や「時間」「量」を決めた方が良いでしょう。1日あたりの必要カロリーの20%以下に抑えることが基本です。
     
  3. その他の目的食
    特定の栄養やカロリー補給、食欲増進を目的とした総合栄養食、間食のどちらにも当てはまらないフードです。これだけでは猫の栄養素を満たすことができませんので、おやつやトッピングとして利用してください。「一般食(おかずタイプ)」「一般食(総合栄養食と一緒に与えてください)」「カロリー補給食」「副食」などと表示されています。

    そのほか最近は、毛球ケア、歯垢がつきにくくなる、胃腸の弱い子用、妊娠・授乳期用、アレルギー対策用、猫種別様専門フードなどがあります。猫によって必要と思われる場合は、それぞれのフードをご利用ください。
     
  4. 獣医師が処方するフード
    何らかの疾患を持っている猫にあわせた療法食で、獣医師により処方されるフードです。心臓病用、腎臓病用、肝臓病用、糖尿病用、肥満用、下痢用、泌尿器症候群用、結石用、低アレルギー用など、色々あります。


キャットフードの種類

  1. ドライタイプ
    水分が10%以下に抑えられビスケットのように焼き上げられたカリカリのフードです。栄養価が高く、適度な堅さがあるので、猫の歯に歯垢がつきにくく、便の状態を一定に保つことができます。必ず新鮮な水をたっぷり用意して、いつでも飲めるようにしてあげてください。 
  2. セミモイストタイプ(半生タイプ)
    ドライタイプとウエットタイプの中間タイプです。セミモイストタイプは水分含量が25~35%程度あり、柔らかい感触なので子猫や老猫は食べやすいでしょう。しかし、歯垢がつきやすいので要注意。水分を保持するために潤滑調整剤が使用されています。製造方法の違う「ソフトドライタイプ」と「セミモイストタイプ」があります。 
  3. ウエットタイプ
    75%以上の水分を含んだ缶詰、パウチ、アルミトレイなどの商品です。猫の嗜好性をあげるために様々な香り付けや材料が使われていて、肉や魚の身がそのまま入っているものやペースト状に混ざったもの、スープ上のタイプなど色々あります。開封すると冷蔵庫に入れても1日程度しか保存できないので、早めに与えましょう。食べ残したものは20分程度で捨てて、出しっぱなしにしないでください。

キャットフードを保管するときの注意

未開封のフードでも保存場所によっては品質低下を招きますので、直射日がの当たらない、気温・湿度変化の少ない場所に保管しましょう。

ドライフードでもいったん封を切ってしまうと酸化を始めるので、密封容器に移し替えて、直射日光を避け、湿気の少ない場所で保存してください。保存方法が悪いと、賞味期限内でも傷んで猫の食欲が落ちることがあります。猫はニオイで食べ物の良し悪し・好き嫌い・食べたい食べたくないを判断する動物なので、酸化が始まりニオイに変化が出てくると食いつきが悪くなります。2週間以内に使い切る量を購入するのがベストです。もし大きな袋を購入して2週間以内に使い切らない場合は、密封容器に小分けにして冷凍庫や冷蔵庫などで保存してください。

ウエットタイプのフードや手作りフードは、ドライフードに比べると賞味期間が短いので、食べる用だけ取り分けたら密封容器に入れ冷蔵庫や冷凍庫に保存してください。猫は冷たい食品=ニオイが少なくなっていると食欲がなくなるので、冷蔵庫から出したものをそのまま与えず、電子レンジの解凍で人肌程度に暖めてください。冷蔵庫に保存する場合は1日程度、冷凍庫でも1~3ヶ月です。

手作りごはんは、栄養バランスに注意

「ドライフードだとお皿にパラパラと入れるだけで全く手間いらず、まるで手抜きをしているみたい。」「なんだか味気のなさそうな食事で、毎日同じものでは猫に申し訳ないような気がして。」「新鮮な材料を自分で吟味して、手間をかけた手作り食の方が猫に愛情が伝わるんじゃないか?」と思われるかも知れませんが、猫に必要な栄養素をきちんと理解し、それに基づいた食事を作るにはかなりの勉強が必要です。中途半端な知識で猫の身体によいと勝手に判断し手間をかける時間があれば、おもちゃで遊んだり、グルーミングをしながら猫の相手をする時間を作るのも同居人にできる愛情表現のはず。猫の栄養をきちんと考えて作られた総合栄養食を主食にするのが、猫にとっては一番です。

もしなにかあって同居人が猫の面倒をみられなくなった場合、手作り食しか食べない猫では誰にも預けることができません。猫が入院しなければならなくなった時や、万一災害などで避難するときにも、ドライフードは食べないのでこういう食事を~と用意するのが難しいでしょう。日頃からドライフードを食べてくれる猫にしておくと、猫の面倒をお願いする時に助かります。

猫にサプリメントは必要か?

様々なタイプの猫用サプリメントが目的別に販売されていますが、健康で日頃の生活に問題がなく、総合栄養食タイプのフードを食べている猫であれば、栄養補助タイプのサプリメントを与える必要はありません。

人間の場合、その日の気分によって好きなものを好きなだけを食べてしまうので、偏りがちな栄養バランスをサプリメントで補給しなければならないかも知れません。しかし、猫に必要な栄養がバランスよく配合された「総合栄養食」のキャットフードを与えていれば、それだけで充分健康を維持することができるのです。サプリメントを与えてしまうと栄養バランスをとるどころか逆に崩れてしまったり、栄養過多になって病気の原因になりかねません。

栄養補助タイプのサプリメント以外にも、免疫を向上させるものや病気や老化防が歌われているものなど色々ありますが、今健康状態が落ち着いている猫にサプリメントを与える必要があるかどうかは、獣医師に相談されてからの方がよいでしょう。

飼い猫は飼い主が用意する食事がすべてです。ご紹介した基礎知識で猫の健康を考えた良質なキャットフードを選択してください。