珠姫の寺 天徳院

天徳院。山門は金沢市の指定文化財

天徳院。正面に見える山門は石川県の指定文化財       写真提供:金沢市

珠姫(たまひめ)は二代将軍徳川秀忠の次女で、わずか3歳で金沢にお輿入れし、加賀藩三代藩主前田利常の正室となりました。「天徳院」の名前の由来は珠姫の戒名・天徳院殿乾運淳貞大禅定尼で、その菩提を弔うため元和9年(1623)に利常が建立したのです。珠姫は初夏に開かれる市祭「百万石まつり」のメインイベント・百万石行列の主役の一人として、今もなお市民に親しまれています。

建物には瓦から鴨居などいたるところに、前田家の家紋・加賀梅鉢(幼剣梅鉢)が配されており、金沢市民の私には特に恐れ多く感じられます。また、元禄6年(1693)に建立された山門は石川県の文化財に指定されています。

お寺の中には珠姫手作りの紙雛人形や、姫ゆかりのものといわれている徳川家の葵の御紋が入った調度品、着物なども展示されています。

上演されているからくり人形

上演されているからくり人形

また珠姫の生涯をからくり人形で見る事ができます。珠姫は7人の子どもをもうけ24歳の若さで亡くなりました。徳川家と前田家の間に立って両家の平和のために尽くし、その短い生涯を終えたのです。

このお寺で、金沢のために命を尽くした人の存在がわかり、その歴史の重さを改めて知る事ができます。

珠姫の寺 金龍山 天徳院
住所:金沢市小立野4-4-4
TEL:076-231-4484
拝観料:500円
拝観時間:3月~11月 9:00~16:30 受付16時
12月~2月 9:00~16:00 受付15:30
休観日:水曜(12月~2月)・年末年始
※からくり人形の上演(約15分)
上演時間 10:00 12:00 14:00 16:00(3月~11月)
アクセス:金沢駅からバスで約15分天徳院前下車徒歩約1分