中古マンションを購入するとき必要なお金のうち、まず思い浮かぶのが物件そのものの価格です。けれども、購入に際しては、物件価格以外にも支払わなければならない、いろいろな費用があります。それらをまとめて「諸費用」と呼びます。

諸費用の内容・目的と額面は想像しづらいものですが、理解していないと、購入に必要な総額もつかめませんし、あとで意外な請求が来てあわててしまうかもしれません。
今回は資金目標を立てるためにも知っておきたい「諸費用」それぞれをご説明します。


物件価格以外にかかる費用と内容

印紙代や清算金など細々としたものも含まれる
中古マンションを購入する際、物件価格以外にかかる費用(=諸費用)は、下記の通りです。
●仲介手数料
不動産業者に、住宅売買の諸手続の報酬として支払うお金

●登記費用
不動産登記にかかる登録免許税と司法書士への報酬

●印紙代
不動産売買契約書など、印紙税法が定めた課税対象文書の作成時に貼る印紙代金

●不動産取得税
不動産を売買、交換、贈与、建築などにより取得したときに支払う税金
(有償・無償または登記の有無を問わず、取得時に一度だけ課される)

●清算金
管理費、修繕積立金、トランクルーム使用料など、物件引き渡し日を境に計算して払う負担金

●固定資産税の清算金
売主が支払い済みの固定資産税を、物件引き渡し日を境に計算し、その金額を売主に支払う負担金

上記以外に、住宅ローンを組む場合にはローン手数料と保証料、印紙代が必要です。
また、購入をきっかけにかかるであろう費用として火災保険・地震保険料、リフォーム費用、引っ越し費用、家財保険、家具の購入費などが挙げられます。


仲介手数料はどんな費用?

契約までのさまざまな作業が仲介手数料に含まれる
これらの諸費用のうち、中古マンションの場合にのみかかるのが仲介手数料です。新築マンション購入時にはかからない費用なので、余計な出費に思えるかもしれませんが、そんなことはありません。

中古マンションの売買は、基本的に売主と買主間の、個人と個人の売買契約です。本来は買主が個人で物件を探し、個人で交渉をし、契約書を作成して売買契約を結ばなければなりません。ですが、これらを個人の力で行うにはとても労力のいることですし、リスクも伴います。

そこで不動産仲介会社が、物件情報を収集・提供し、買主が気に入った物件があれば見学の手配を行い、契約の内容や手順を案内して、無事契約が成立するまでをお手伝いするのです。ほかに契約対象物件の調査や重要事項説明書作成などの作業もあります。

売買契約のために不動産仲介会社が行うさまざまな作業のコストが仲介手数料であると考えると、理解しやすいのではないでしょうか。