深夜1時まで仕事、睡眠時間は分割で管理


---想像と比べて、実際の社会人学生生活はどうですか?
大学院では毎日が試験。タイムマネジメント能力もつくと思います。
<ある一日のタイムスケジュール>
7時起床、9時通学、課題と予習
12時昼食
12:30-15:40 講義(2コマ連続)
休憩
16:00-18:00 学内で次回のための資料収集や課題
19:00帰宅、夕食
20:00-1:00 仕事

→授業のある時間帯がバラバラで夜(18時~21時)の講義もありましたので、曜日で行動パターンが全く異なり、睡眠時間の管理(2回に分割してでも足して6時間を維持)に気をつけていました。

---大学院の授業は期待通りでしたか?
期待以上でした。実際のビジネスのケースを使った討論や、調査やツールを使って新しい商品を開発してプレゼンをする授業など学部時代には無い方法で本当に興味深く、同じ学生の発言から気づきを得ることも多くありました。発言のタイミングを逃したり、事前の勉強不足を感じたり、といった自分への反省点ばかりが浮かびます。

大学の仲間と本を出版!「夢はいつか実現できる」

夢はいつか実現できる表紙
夢はいつか実現できる~社会人の大学・大学院への挑戦(1,575)文理閣


---「夢はいつか実現できる~社会人の大学・大学院への挑戦」という本を出版された石本さんですが、これを出したきっかけは?
学部時代の「経営学部社会人会」の先輩から一緒に出版しないかとお声をかけて頂き、地元のコテコテの関西風味の生きた情報満載の笑える本が出来ればいいなあと思いました。自分の近くにいるようなおじさん、おばさんが大学や大学院へ行っているという事実のほうが、「自分も出来るかも?」と勇気を出して頂けるのではないかと。「大学」や「学び」の楽しさを幅広い年齢の多くの人に知って頂きたいと思っています。

夢はいつか実現できる~社会人の大学・大学院への挑戦

健康まーじゃん教室で、脳の活性化、コミュニケーション!


---ここで勉強したことを、今後はどのように生かしていきたいですか?
経営学の基礎や勉強の仕方を学んだに過ぎないと思っていますので、これからまだまだ勉強だと思っています。店で働いてくれているスタッフが「お客様を大切にする心」を育み、さらに「経営者の視点」も学び取り、身につけて旅立ってもらえるよう職場のレベルアップをしていきたいですね。そしてお客様にとっては実家のような暖かい店づくりをしていきたいと思っています。他にも私らしいビジネスやサービスを創っていきたいと夢みています。

その一つが11月からスタートした麻雀を初心者の方にお教えする「健康まーじゃん教室」(賭けない・吸わない・飲まないをモットーとする)を始めるです。手と頭を使う麻雀は脳の活性化に最適で、コミュニケーションもとれ、友達をつくることも出来、ゲームを通して笑いあうこともできる。そういう良さを皆さんに伝えていきたいと思っています。

私の5年間の大学、大学院での学びの結果ともいえます。このビジネスプランは立命館大学主催「第2回学生ベンチャーコンテスト」の最終選考に残りました経営は愛=私が本を書く時点で気づいたことです、それの実践が出来る機会を得ることが出来ました。大勢の方にお友達と笑える時をプレゼントしていきたいと思います。そして利益が少しでも出たときには、少しずつボランテイアとしてディケアセンターや公民館で無料でお教えして「笑顔と健康と幸せの輪」を広げていきたいと思っています。


誰でも持っている!「どんな困難も乗り越えられる魔法」


---最後に読者へのメッセージを!
すでに入学されている社会人大学生・大学院生の方、これから入試を受けようとされている方、今受験を迷われている方、どんな困難をも乗り越えられる自分だけの魔法があるはずです。それを大切にしましょう。

流れ星が現れた瞬間に言葉に出来るくらいに強く願える夢なら必ず叶いますよね。

「あなたの夢が実現できますように。」


【四角いジャングル】石本さんがご夫婦で経営する麻雀店。

(ガイド西島より)石本さんから、本のご紹介を受けたのがこのインタビューのきっかけだった。会社員から経営者、さらに大学・大学院生へ。本の出版、健康麻雀教室、と次々と新しいことに挑戦する石本さんのパワーにこちらまでパワーをいただいた。


【関連記事】
・【インタビュー】修士への道 42歳麻雀店ママの場合(前編)
・社会人学生実例集【インタビュー】
・学費、奨学金情報
・大学を卒業せずに学士を取る方法
・スーツ?それとも普段着? 【社会人入試】面接の服装
・合格する志望理由書の書き方