リーダーシップのSL理論とは

SL理論(1977年)のSLというのはSituational Leadership(リーダーシップ条件適応理論)の略です。この理論は、リーダーの資質ではなく、状況に応じて役割を変える必要があると考えたフィドラーのコンティンジェンシー理論の状況要因を掘り下げて、部下の成熟度に着目し発展させたものです。リーダーシップのスタイルは状況によって必要とされるものが変わるわけですが、この理論では業務指示の必要性とそれを支援するコミュニケーションの必要性の2つの要素によってリーダーシップが変わると捉えています。

P・ハーシーとK・H・ブランチャードは、リーダーのスタイルというのは部下の成熟度によって変える必要があると考えました。まず、はじめに図1のように縦軸を人間関係志向(共労的行動をとる)、横軸を仕事志向(指示的行動をとる)の強さとして4象限に分け、それぞれの状況でリーダーシップの有効性を高めていくにはどうすればよいかを示しました。SL理論において有効なリーダーシップは、部下の成熟度のレベルによって次のように規定されています。
リーダーシップ

図1:SLモデル



■S1:教示的リーダーシップ
具体的に指示し、事細かに監督する。意思決定はリーダーが行う。

■S2:説得的リーダーシップ
自分の考えを説明し、疑問に応える。

■S3:参加的リーダーシップ
部下を認めて意見を聞き、部下が適切な問題解決や意思決定をできるよう取り計らう。

■S4:委任的リーダーシップ
部下と話し合い、合意の上で目標や課題を決め、部下に任せて成果の報告を求める。

以上の4つが、SL理論におけるリーダーが部下の状況(能力・マインド)によって変えるリーダーシップ・スタイルのタイプ分類です。S1からS4と部下が成熟していくにつれて、適切なリーダーシップのタイプは図の矢印のように推移します。

それでは、部下の成熟度に適合するリーダースタイルを具体的に見ていきましょう。