リーダーシップ理論の歴史的変化

リーダーシップは、置かれた状況によって機能する方法が異なる

リーダーシップは、置かれた状況によって機能する方法が異なる

リーダーシップ理論、つまり、リーダーシップの捉え方の歴史的変遷を辿ると、第1フェーズから第4フェーズに分けられます。

第1フェーズ「特性論」の時代(1900年以降)はリーダーシップは生来的な要素が強いと捉えられていた時代。例えば、カリスマ性は代表的な要件です。

第2フェーズ「機能論」の時代(1940年以降)は、リーダーシップは行動であり技術である、よって習得できると考えるようになりました。行動や技術と捉えることで今日のように研修などで学ぶことができるようになったのです。

第3フェーズ「条件適応理論」の時代(1970年以降)は、リーダーシップは状況に応じて取るべきスタイルが異なるという考えが主流となりました。

第4フェーズ「コンセプト論」(2000年以降)は、著名な学者がそれぞれの捉え方をする時代。例えば、変革型リーダーシップ、サーバントリーダーシップ、責任共有のリーダーシップなどが挙げられます。

今回は日常的に活用しやすい第3フェーズ「条件適応理論」を中心に、解説したいと思います。

リーダーシップは状況によって変化する

そもそも「リーダーシップ」とは多数の人間を 一人の人間に従わせること、またはその技術と才能を指します。リーダーシップ論の第1フェーズの特性論を経て、第2フェーズである機能論では、課題達成と人間関係の2つの軸で表現する二次元モデルを用いてリーダーシップ・スタイルを分類していました。

ところがこの理論のリーダーシップでは、組織の業績に対して必ずしもよい影響を与えるとは限らないという様々な例外が出てきています。「人間への関心」と「業績への関心」で軸分けしたマネジリアル・グリッド理論や「目標達成能力」と「集団維持能力」で構成したPM理論で捉えたタイプのリーダーたちが組織を引っ張っていったとしても、必ずしも好業績を残すことができるわけではないという事例です。

ここから、研究者たちの間では、リーダーシップを解明するにはリーダーの行動特性だけでなく、さらに何らかの追加条件が必要なのではないかということが主張され始め、「条件適応理論(コンティンジェンシー理論)」が生まれました。

条件適応理論は、相手や組織の状況を踏まえて、とるべきリーダーのスタイルは異なるという考え方です。また、この理論では「全ての状況に適応できる、唯一最善の普遍的なリーダーシップ・スタイルは存在しない」という考えを基本に、リーダーの特性や行動と状況との関係を明らかにしています。

この代表的な理論の1つには、P・ハーシーとK・H・ブランチャードのSL理論があります。わかりやすい理論ですので知識としてストックしておくと便利でしょう。