デイルズフォード・オーガニック1号店、青山にオープン

※こちらのお店は2015年9月末、閉店しました。

2010年11月11日、青山に新しい食のスポットがオープンしました。
オーガニックカフェ&フードホール、「デイルズフォード・オーガニック」。イギリスで人気のオーガニックフードブランドです。
フランチャイズ契約を締結して日本で運営、展開するのは、エシレ・メゾン デュ ブールなどを手がけた片岡物産株式会社が設立した、デイルズフォード・オーガニックジャパン株式会社です。

イギリス本国のデイルズフォード・オーガニックや理念、店舗の概要については先に記事を書いておりますので、こちらをご覧ください。
デイルズフォード・オーガニック日本上陸(2010.9)

デイルズフォード・オーガニックのパン

デイルズフォード・オーガニックのパン

今回は主に、パンについてご紹介します。

デイルズフォード・オーガニックのパン

オーガニックundefinedペイザン

オーガニック ペイザン(1050円)


デイルズフォード・オーガニックは、1Fにパンやお惣菜の売り場、イートインできるカフェ、そしてオーガニック食材を扱うグロサリーがあり、2Fにレストランがあります。
オーガニックundefinedバゲット

オーガニック バゲット(683円)


お店に入って左手のパンコーナーには、大きく分けて2種類のパンがあります。
それは、オーガニックの名を冠したパンと、そうでないパン。
オーガニックの名をつけることができるのは、素材が100%オーガニックであることはもちろん、専用の工房で作られ、申請をしてJAS認証を受けたパンだけです。

それ以外のパンはどうかといえば、パンのレベルでのJAS認証は受けていないけれど、主にオーガニックの素材を使用して作られているパンです。おいしさはデイルズフォードのお墨付き。すべてのパンは都内の工房から焼きたてが運ばれます。
オーガニックの認証を受けていない(けれど可能な限りオーガニックの素材を使った)パンは上段に並ぶ

オーガニックの認証を受けていない(けれど可能な限りオーガニックの素材を使った)パンは上段に並ぶ


パンのおいしさやオーガニックの認証にこだわっていくと、使用可能な素材は限られてきます。バターなどの乳製品はかなり難しいそうで、あの上質で美味なエシレも認証は受けていないのです。だからこの店のクロワッサンはオーガニックの小麦粉とエシレバターで作られていて最高に美味しいのですが、パンとしてはオーガニックの認証を受けていないのです。
オーガニックundefinedロデブ。オーガニックのパンはプライスカード右下にJASマー  ク入り。

オーガニック ロデブ(630円)。オーガニックのパンはプライスカード右下にJASマー ク入り。

そんなわけで、ここではほとんどのパンが粉と水と酵母と塩だけで作られるような、シンプルなハード系のパンです。それは粉の味わいをダイレクトに感じさせてくれます。
お店の方のイチオシ、オーガニックパン・ド・ミ。油脂にはオーガニック のマーガリンをを使用。

お店のイチオシ、オーガニックパン・ド・ミ。油脂にはオーガニック のマーガリンをを使用。

ベーカリーすぐ横のデリカテッセンのショウケースに常時10種類ほど並ぶ季節のお惣菜もまた、素材の味わいが生きています。テイクアウトもいいし、パンと合わせてカフェコーナーで楽しむこともできます。手軽に味わってみたい人には希少なオーガニックビーフやチキンを使ったサンドイッチ(480円~)もあります。
パン売り場とデリカテッセン

パン売り場とデリカテッセン


次のページでは2Fレストランのおすすめパン料理をご紹介。