フランス料理や中国料理とともに脚光をあびるトルコ料理

世界三大料理のひとつに挙げられながらも、認知度がいまひとつだったトルコ料理。しかし最近では、時折巷で話題にのぼるようになり、レストランも増加。実際に方々から、“トルコ料理って食べてみたいけれど、どこかおすすめのお店はないですか?”という質問をうけることが増えたように思います。トルコ料理には未知数の魅力があると感じているワタシとしては、それはとても喜ばしいこと。

トルコ料理店とひとことでいっても、いまや家庭料理を中心に出す店、宮廷料理を掲げる高級店、デザート専門店などさまざま。そんななか、数店のみを挙げるのは難しいのですが、数あるトルコ料理店のなかから、ここだったら総合的にバランスがとれていて、満足ができるかしら…?と思うお店をセレクトしてみました。なお、順番はランキングではありません。それと、これはあくまでも私見です。そのときに一緒に訪れた人や席を隣り合わせたかた、食べた料理、店の対応などによって、当然感じ方は変わってくると思います。
少しでも、皆様のお役に立てたら…という想いで綴ってみました。

※これは2010年9月現時点での捉え方です。各国料理店では、さまざまな事情で料理人がかわることがよくあります。となると、味も変わるのが常。場合によっては、記事を加筆したり消去することがありますので、ご了承ください。

高級店:宮廷料理「ブルガズアダ」

ブルガズアダ
フランス料理を彷彿とさせる盛りつけ。付けあわせにも手間隙を惜しまない。  


この店に一度足を踏み入れれば、トルコ料理のイメージが一新するだろう。ブルガズアダでは、600年余の歴史をもつ集権国家、オスマン帝国時代の贅をつくした料理がそのままいただける。なにを隠そう、料理人はトルコ国内でも数少ない、国から認められたオスマン宮廷料理の継承者のひとり。栄華をきわめた当時に思いを馳せて、しばし現実逃避できる希少な店ということだ。

すべてトルコ産でそろえたワインリストにも注目したい。ただ、料理にしても、ワインにしても、トルコ料理店にしてはちょいと値段が高め。一瞬、その高さに違和感を覚えるかもしれないが、地理的、歴史的に多くの国の影響をうけた“当時のトルコ料理マジック”に浸れるのであれば、納得できるはず。

トルコ料理好き、いや、そうでないかたも(特にフレンチ好きのかたは気に入るかもしれません)、一度は足を運ばれることをおすすめしたい。ちなみに、この店では、辛い料理はほとんどありませんよ。

<お店の詳細>
トルコ宮廷料理「ブルガズ アダ」(麻布十番)

トルコ宮廷料理「ブルガズ アダ」
住所:東京都港区麻布十番3-7-4 麻布六堂3F
電話:03-3769-0606
地図:Yahoo!地図情報