夏仕様で作られてきた日本の伝統的家屋

今年の夏の記録的な猛暑。暑過ぎる毎日が続き、本当に秋が来るのだろうかと不安に感じるほどでした。温暖化が進む中、こんな夏がまたやってくると考えるだけで、うんざりしてしまいますね。これから家を建てる上で、何かいい工夫はないものでしょうか?

日本家屋

伝統的な日本家屋は夏を旨とする設計になっていた

吉田兼好の徒然草に、「家の作りやうは、夏を旨(むね)とすべし。冬は、いかなる所にも住まる。暑き比(ころ)わろき住居は、堪え難き事なり」という有名な一節があります。

簡単にいえば、「家は夏に合わせた作り方をすべきだ、冬は暖房をつけたり、厚着したりすることで調整できるが、夏に暑い家は耐えられない」といったところでしょうか。実際、日本の伝統的な家屋では、屋根の庇(ひさし)がとても長く、さらに部屋の外廻りには縁側があって、夏の直射日光がほとんど部屋に入らないような作りになっていました。また襖(ふすま)を全て開ければ部屋がつながって風通しもよくなります。昔の日本家屋では、まさに夏、自然な涼しさを得られるような工夫が施されていたわけです。

しかし一方で、部屋の中は年中薄暗く、日射熱が取り入れにくいという状況が常に生まれることになります。そのため、冬は寒いという弱点を持っていました。

それに対し、現代はエアコンが使えるようになり、窓も大きく明るい家が好まれるため、昔のような“夏を旨”とする考え方はどうも後退してしまったようです。とはいえ、日本の伝統的な家屋の特徴をうまく利用することで、エアコンの使用回数を減らすことができたり、使う電力量を減らすことができたりしそうです。

窓から入り込む日射量が暑さ・涼しさを決める

今年は35℃以上の猛暑日が続いて、とにかく毎日の気温が気になったという人も多いでしょう。でも実は家の中の暑さは気温だけが問題ではなく、日射量が大きく関係しているんですよ。

夏期日射取得係数

夏期日射取得係数μ=I/JoS
日射を遮るものがないと仮定した時、床面に当たる日射熱JoSに対して、実際に入る日射熱Iがどの程度の割合かを表すもの

これを科学的に計る上で重要な数値となるのが、夏期日射取得係数μ(ミュー)というものです。μは日射を遮るものが何もないと仮定した時に、床面に当たる日射熱JoSに対し、実際に入る日射熱Iがどの程度の割合かを表すもの。例えばμ=0.07なら、日射熱の7%が入り、93%は遮られる、ということを意味します。μは日射取得のしやすさを表す数値なので、その値が小さければ小さいほど日射熱が入りにくく、涼しいということになるのです。

μの計算には、屋根や壁からの日射熱の侵入も勘定に入れますが、実質的には、ほとんど窓からの日射熱で決まってしまいます。

そう考えると、涼しい家を作るためには、単純に窓を小さくすればいいようにも思われますが、それでは風通しが悪くなりますし、家の中が暗くなってしまいます。夏の日差しが入りやすいのは東西なので、この方角の窓を小さめにして、冬の日射がよく入り込む南側の窓は大きく採るのが良さそうです。

実はこうした工夫も、古くから「家相」として伝えられてきているものです。家相は単なる占いではなく、古人の知恵を集めたもの。日本の気候や風土に合った家作りの基礎が示されており、家の位置や向き、間取りなどを指南してくれるものなのです。

中には迷信的なものもあるので、あまり細かい部分まで気にし過ぎる必要はありませんが、効果的な工夫をうまく間取りに採り入れてみるのはいいと思いますよ。

次のページでは、夏涼しく、冬暖かい家にするためのポイントをご紹介しましょう。