カッパドキアってどんなところ?

カッパドキア景色

世界遺産にもなっているカッパドキアの光景は、見に行く価値大!

見渡す限りベージュ色の岩肌、ニョキニョキとそびえる奇岩たち、ふくよかなピンクに染まる日没のローズバレー…… 私たち日本人には絶景としか言いようのない景色が広がるカッパドキア。トルコを訪れたら必ず行きたいエリアの一つです。

カッパドキアがこうした奇岩地帯になった原因は、近くにあるエルジエス山の噴火。火山灰によってできた柔らかいスポンジ岩と溶岩による固い岩の織りなす層が、こんな面白い風景を醸し出すようになったのだそうです。

そしてカッパドキアの見どころはその絶景だけではありません。さかのぼること二千年ほど前から人々が定住生活をしていると言われるカッパドキアには、偶像崇拝禁止時代に迫害を逃れて隠れ住んでいたキリスト教徒たちの地下都市など、歴史的な見どころも盛りだくさん。ですが、それぞれの観光ポイントが点在しているため、公共交通機関を利用して自力でまわるのはやや困難。

というのも、「カッパドキア」とは南北50キロメートルに広がる地方の名前で、実際にはギョレメ、ユルギュップ、ネヴシェヒル、アヴァノスという4つの市町村と、あちこちに点在する観光地から成り立っているのです。

カッパドキアは1985年には世界遺産にも登録され、ここ数年、おしゃれな洞窟プチホテルや地元の味を生かしたレストランなどが急速に発展してきています。トルコ・アナトリアののんびりした田舎性も楽しみつつ、カッパドキア特有の雰囲気も堪能できるという意味では、今、カッパドキアが一番旬の時期かもしれません。

ここでは、そんなカッパドキアの見どころ、まわり方、そしてお勧めホテルやレストラン、気球ツアーなどを紹介します!

※DATAの情報は、2015年10月のもの
※2015年10月現在、1トルコリラ=約42円

カッパドキアへのアクセス

トルコ航空

トルコのフラッグエアー、トルコ航空は、キャンペーンを利用するとかなりお得なことも

日本からカッパドキアへの直行便はないので、基本イスタンブールからのアプローチ。一番便利なのは飛行機で、およそ1時間ちょっとで行くことができます。最寄りの飛行場はカイセリかネヴシェヒル。カッパドキアの中心地からの距離から近いのはネヴシェヒル空港の方で、カッパドキアから車で45分ほど。カイセリ空港の方は車で約1時間10分かかります。ただし、1日に往復している便数はカイセリの方が断然多く1日約10本。これに対しネヴシェヒルは1日に2-3回しか往復していないので、実質的にはカイセリ空港を利用する旅行者の方が多いようです。
航空券は時価なのでシーズンによってさまざまですが、イスタンブールの第2空港、サビハ・ギョクチェン空港~ネヴシェヒル空港の便であれば、キャンペーンで片道2,500円という破格の価格で売り出されていることも! 逆にハイシーズンの場合片道18,000円近い時もあるので、タイミングと事前の下調べを綿密に。

イスタンブール-カッパドキアの航空券についてはこちら>>>トルコ航空

 

Nevtur(oasis.halfmoon.jp)

長距離バスを利用するなら、大手か地元のバス会社で

一方、トルコ国内では長距離バスも頻繁に使われています。大手ではMetro Turizm(メトロ・ツーリズム)があり、カッパドキアの地元バス会社としてはGoreme(ギョレメ)やNevsehir(ネヴシェヒル)があります。イスタンブールからネヴシェヒルまで、10~11時間。価格は片道3,000円ほどですが、これは飛行機チケットのキャンペーンなどを利用した価格とあまり変わりません。バスの座席で10時間以上を過ごすのはかなりハードですから、うまくチケットが購入できるなら飛行機の方がおすすめ。

 

カッパドキアの気候と旅の服装

ギョレメオープンエアミュージアム

日差しも強いが、観光地には日陰も少なめなので、日差し対策がおススメ

この地方の特徴は、とにかく乾燥と朝夕の寒暖さが激しいこと。真夏には気温が約30℃となり、日差しの強さは半端ではありません。そんな日でも夜は13℃ぐらいまで下がりますから夏でも上着は必須。一方で冬の寒い日になると-4℃ぐらいまで下がります。このため真夏の帽子・サングラス・紫外線防止クリームは必需品ですし、冬には積雪や路面凍結対策にトレッキングシューズをはいた方がいいでしょう。そしてどの季節であれ、リップクリームとハンドクリームを忘れずに!