水まわりの大掃除で点検!お手入れ&リフォームのポイント

トイレ

15年を過ぎた便器は表面が劣化し汚れが付きやすい。新型の便器は掃除がしやすい工夫がされている。

キッチン、トイレ、浴室などの水まわりは電気設備、給排水管などチェックしておきたい箇所がたくさんあります。大掃除の時に不具合の芽が無いかシッカリ点検しましょう。

● 換気扇から異音がする ⇒ できるだけ早めに対策
家の中には意外とたくさんの換気扇があります。キッチン用、トイレ用、浴室用、居室換気用など、それぞれ大きさも形状も違います。フィルター掃除の後は、ズレが無いよう元の位置にシッカリ取り付けましょう。

異音がする時は、中で羽がぶつかるなど機械的な異常が発生している可能性があります。電気製品の不具合はできるだけ早く修理交換しましょう。

● 排水の流れが悪い ⇒ できるだけ早めに対策
排水の流れが悪い場合は、排水管が汚れて詰まっていることが考えられます。まずは専用洗剤を使って掃除をしてみましょう。それでもダメなら、頑固な汚れや詰まり、排水マスに問題がある可能性がありますので、あふれてしまう前にできるだけ早く業者に見てもらいましょう。

● トイレの水が止まりにくい ⇒ 緊急に対策
ロータンク式のトイレはタンクのフタを開けて、浮き玉のズレや鎖のカラマリが無いか点検しましょう。中の部品だけ交換することもできますが、タンクの型番によって部品が異なりますので注意して下さい。20年を過ぎた便器は、表面の劣化が進んでいますのでそろそろ交換リフォームを検討するといいでしょう。

● 浴室のコーキングが劣化している ⇒ できるだけ早めに対策
コーキングとは、浴槽と壁のスキマを埋める白いゴムで、防水の役目があります。コーキングが劣化すると防水の役目を果たさなくなりますので、早めに打ち直しをしましょう。打ち直しは古いコーキングを剥がす必要があり、意外と難しいので業者に依頼するといいでしょう。

15年を過ぎていたら、そろそろ水まわりリフォームを検討する時期です。時期を逃すと余分な費用がかさみますので、タイミングを逃さないようにしましょう。浴室リフォームの見極めは下記でご紹介しています。
● 給湯器から異音や水漏れがする、温度調節が不調 ⇒ 緊急に修理もしくは交換
給湯器から異音がしたり水漏れの跡を見つけたら、すぐに修理を依頼しましょう。完全に壊れてからでは、数日間もお湯が使えなくなります。10年を過ぎ、温度の調整が不調になってきたら、そろそろ交換リフォームの時期です。下記にマンションの給湯器交換のコツをご紹介しています。

外まわりの大掃除で点検!お手入れ&リフォームのポイント

窓外

外壁にヒビを発見したら劣化が進む前に再塗装を。大きなヒビなら家の点検を。

庭の大掃除の時は、家の周囲をぐるっとまわって点検しましょう。屋根に上るのは危険ですので、高所の点検は業者にまかせましょう。

● 雨どいがズレている、歪んでいる ⇒ 早めに対策
雨どいは家を雨から守る大切な部品です。ズレていたり、歪んでいたらできるだけ早く修理を済ませておきましょう。

ただし、雨どいの交換には足場が必要です。外壁塗装や屋根リフォームなど、足場が必要なリフォームは一緒にやるのがお得です。足場を必要とするリフォームは下記にまとめてありますので、ご覧になってみて下さい。
●外壁にヒビ、コーキングに劣化がある ⇒ できるだけ早めに対策
細かいヒビを見つけたら外壁塗装の時期を確認し、劣化が進む前に再塗装しましょう。サイディングの目地の劣化は早めに打ち直しを。大きなヒビは、家の歪みや地盤沈下が起きている可能性がありますので家全体の点検をして下さい。築年数別の劣化の状況は下記でご紹介しています。
外壁塗装リフォームについての情報は下記にまとめましたのでご覧になってみて下さい。
● 地面や基礎が濡れている ⇒ 緊急に対策
お天気がいい日が続いているのに、外壁や接した地面が濡れていたら漏水の可能性があります。すぐに点検・修理を依頼しましょう。

いかがでしたか?1年に1度、大掃除をする際に我が家の点検も一緒に済ませておけば、これからもずっと安心して暮らしていくことができます。外まわりの点検の仕方については、下記でもご紹介していますので、ご覧になってみて下さい。
【関連記事】



Copyright(c)2015 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。