部屋を借りたときに、家賃以外に毎月必要になるお金があります。それが、『管理費または共益費』です。その金額はさまざまで、1000円のこともあれば、何万円! なんてところもあります。一方で「管理費がなし」という物件もあるのです。

なぜこんなに差があるのでしょうか? 今回は、この『管理費』というお金について、まとめてみました。 ※以下の本文中では、「共益費」は「管理費」で統一。
 

管理費は、共有設備を維持していくために使う費用

マンションやアパートには、必ず「共有部分」が存在します。共用部分とは、その建物の入居者が共用に使う部分のこと。例えば、エントランスホール、外廊下、エレベータ、オートロック、ちょっと高級なマンションだと宅配ボックス、また各場所の電灯など、こういった入居者が使う設備を維持していくために必要な費用が管理費というわけです。

もちろん、そこには共用部分の清掃代や点検料なども含まれます。これらの年間費用を見積もって、住戸数・月割りしたものが管理費になるのです。つまり、設備がハイグレードなもの、多いもの、総戸数が少ないものは管理費が高くなる、というわけですね。
 

管理費の相場はいくら?

一般的には、総戸数が10戸以下の2階建て、エレベータはなしであれば2000~3000円程度、マンションの場合エレベーターなしであれば5000円前後、エレベーター付きであれば7000円~8000円程度が相場です。

ただし、共用部分にオートロックやメールボックス、またエントランスホールが充実しているなど、付加価値があればあるほど、管理費は高くなります。高級マンションだと、1万円を越すものもあります。
 

管理費がない物件も!

マンションでもアパートでも、管理費が「なし」というケースもあります。大家さんにしてみれば『賃料+管理費』が収入になるため、総額でどのくらいの収入があるのかがはっきりしていれば、管理費を別にせず賃料に含んでしまうことがあるのです。
 
ただ、大家さんが自分で管理している建物は別として、一般的には建物の管理や維持を不動産会社や管理会社に任せているケースが多く、その場合には管理費を別にして「賃料とは別のもの」という運用の仕方をしています。
 

管理費「あり」と「なし」、どっちがお得?

賃料が周辺相場と同じならば「管理費なし」のほうがお得です。でも、礼金や敷金、仲介手数料などの支払いは、「賃料の○ヵ月分」と決まっています。例えば「賃料9万円管理費1万円」の部屋の礼金2ヶ月は18万円、「賃料10万円管理費ナシ」だと礼金2ヶ月は20万円。賃料に管理費を含んでいる方が、支払うお金は少し多くなります。そう考えると、「管理費なし」のほうが、損なのかもしれません。
管理費「ある」と「なし」、どっちがお得?

管理費「ある」と「なし」、どっちがお得?


また、大家さんと不動産会社がどのような管理契約を結んでいるかによって異なりますが、「管理費なし」という物件によっては、稀に「管理していない」というケースもあります。これは、一般的には賃料の安い、また築年月の古いものに見られますが、管理のされていない物件だと、困ったことも発生しかねません。

分譲マンションの場合には、管理組合が存在しているので、管理費の収支は明確に区分所有者に公表されますが、賃貸の場合には支払った管理費が何に使われているのか、教えてもらうことはまずありません。あくまでも賃貸の場合の管理費は、「管理のクオリティ」の目安だと考えておきましょう。
 
【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。