人気設備は「ブロードバンド」「防犯」
パソコン
賃貸の設備も時代の流れを受け、ブロードバンドや防犯への関心は世代を問わず高まっている。
単身者向けでは、ネット利用率の高い若者にとっては必需となるブロードバンドが人気。入居後に自分で回線を引き込む手続きをするよりも、大家さんが建物全戸分のブロードバンド回線使用料を支払い、定額使用料を家賃に組み込むようにするほうが、入居者にとっては煩わしさもなく喜ばれます。今後も需要の高い設備となることは間違いないでしょう。

また、セキュリティに対する認識が高まっているのも最近の傾向。以前は特に一人暮らしの女性が気にしていた防犯面ですが、近頃は男性も防犯性の高い賃貸物件を選ぶよう。オートロックやTVモニター付きインターホン、ホームセキュリティシステムなどが付いているかどうかが気になるところですが、オートロックはマンションに関して言えばかなり標準設備になってきており、単なるオートロックではなく指紋や静脈で認証できるものであるなど最先端のもののほうが付加価値は高いようです。

ファミリー向けになると、家族が増えることから追い炊き機能やシステムキッチン、浴室換気乾燥機など、毎日の生活が豊かになるような設備も人気。もちろん、単身者と同様に防犯にも関心は高くなっています。

また、多少家賃が上がっても必要だと考える設備と、入居者が絶対に必要だと考える設備には多少差がありますが、これは入居者が必要だと考える設備の中にはすでに標準設備になりつつあるものがあるためではないかと考えられます。たとえば、先ほどのオートロックやシャンプードレッサー、2口コンロなど、新築マンションならたいてい付いている設備は入居者にとっては絶対条件ですが、不動産会社から考えればその設備があるからといって家賃を上げられるわけではありません。これは入居者にとっては嬉しいことだと言えそうです。

賃貸設備も時代とともに変わっていく


世の中の動きに合わせて、賃貸設備も日々進化しています。これだけ悪質な犯罪が毎日のように報道されると、ホームセキュリティシステムや防犯カメラなどを希望する人が増え、標準設備になる時代が近いかもしれません。また、分譲住宅で当たり前だった設備(たとえば、IHクッキングヒーターや浴室換気乾燥機など)で生まれ育った世代の若者が一人暮らしをするようになれば、当然それらの設備は彼らにとっての常識となるため、その頃にはガスコンロの賃貸物件のほうが物件数も少なく希少価値が高くなるのかも知れません。また、ワンルームでよく見かける3点ユニットバスも、わざわざ浴槽にお湯をためて入る人がほとんどいなく、シャワーで済ませてしまうのであれば、外国のようにシャワー室だけになるのかも知れません。
賃貸設備は時代を反映し、これからも変わっていくことでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。