食物アレルギーの症状

食物を食べる事によって、本来の無毒のはずの食物が体の免疫を高めたりする事で、様々なアレルギーの症状が出る病気です。
アレルギーの症状は、皮膚、呼吸器、目や鼻、消化管などにも見られます。

  • 皮膚:じんましん、赤い発疹である紅斑、全体に赤くなる紅潮など
  • 呼吸器:咳、ゼイゼイ・ヒューヒューといった喘鳴(ぜんめい)など
  • 目や鼻:目のかゆみ、充血、目やに、目の周りの腫れ、鼻水、鼻づまり、くしゃみなど
  • 消化管:口の違和感、口唇の腫れ、腹痛、下痢、嘔吐など
  • ショック:血圧が下がって意識が薄れる、脈拍は触れにくく、速くなる
  • 神経:頭痛
  • 腎臓:血尿、蛋白尿

などの症状が出てきます。多い症状は、じんましんなどの皮膚症状です。次に多いのは、喘鳴になります。

食物アレルギーの原因食物

可能性のある食材を多いとアレルギー原因食材を探すのは大変です

可能性のある食材を多いとアレルギー原因食材を探すのは大変です

年齢によって原因となることが多い食材が異なります。平成10~11年度厚生省食物アレルギー全国調査から見ますと、

■第1位
0~6歳まで  卵
7~19歳まで ソバ
20歳以上   魚

■第2位
0~6歳まで  乳製品
7歳以上    エビ

■第3位
0~19歳まで 小麦
20歳以上   ソバ

でした。年齢が小さいと卵、乳製品が多く、大人になってくると、ソバや魚、エビが多くなってきます。

現在、食品衛生法では、卵、乳、小麦、ソバ、ピーナッツ、エビ、カニの7項目が食品に表示しないといけません。あわび、イカ、イクラ、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、豚肉、まつたけ、もも、ヤマイモ、りんご、バナナ、ゼラチンをできれば、表示した方がよいとされています。

食品を買うときには、内容を確認しましょう。

そこで、原因となる食材は様々な検査で見つけます。原因となる食材を見つけることができたら、治療は原因となる食材をアレルギー症状が出る間は除去することになります。
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項