「突発性難聴」は聴力を失う前に早期受診を

ipod_earbuds_1.jpg
電話で初めて異常に気づく人も多いようです
両耳の聴力は誰でも加齢に伴って落ちていきます。極端に大きな音を聞くことで起きる音響外傷の場合でも、両方の耳に起こります。中耳炎の場合も聴力は一時的に低下しますが、成人なら中耳炎はあまり起きません。

聴覚異常の中でも、突然、片方の耳だけ(非常に稀に両耳)が聞こえなくなる突発性難聴には注意が必要です。

難聴に加えて、耳鳴りや眩暈(めまい)や吐き気や嘔吐を伴う事があります。ウイルス感染説や耳のd循環障害説などが推定されていますが原因は不明です。睡眠不足が続いて、休みが取れず、過労気味でストレスを感じていて、ある日突然に耳が聞こえなくなったら突発性難聴の可能性があります。

放置していくとそのまま聴力が戻らなくなってしまうこともありますので、できるだけ早く耳鼻科を受診しましょう。まずは聴力の低下を確認する必要があります。

確実に有効な治療方法はありませんが、早期の受診が聴力の回復の鍵となります。

耳鼻咽喉科検索
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項