アレルギー性結膜炎の症状

すぎ

花粉症の人に多いアレルギー性結膜炎。目薬やゴーグルなどの対策も有効

スギなどの花粉やハウスダストによって起こる結膜炎。特にいわゆる花粉症の症状の一つである、花粉による結膜炎に悩まれている方は非常に多いようです。

アレルギー性結膜炎の特徴は、目が非常にかゆくなること。結膜が赤くなり、ひどいケースでは白目の表面がぶくぶくに水ぶくれを起こす場合も。

人によっては、まぶたまで赤くなったり、腫れたり、まぶたの皮膚がかゆくなったり、かさかさになったりすることもあります。これは結膜がまぶたの裏側にもあり、結膜炎の炎症がまぶた全体に広がるため。また、まぶたの皮膚は敏感なので、目の結膜炎とは別に花粉がまぶたの皮膚につくことで直接的なアレルギー反応や、かゆさでこすったりすることによる皮膚荒れなどで上記の症状が出る場合もあります。

近年は春先のスギ花粉だけでなく、一年中なんらかの花粉による結膜炎の症状を訴える患者さんが増えています。

次に、アレルギー性結膜炎の主な3つの治療法について解説します。

抗アレルギー薬・抗ステロイド薬を点眼

抗アレルギー薬は比較的安全な点眼薬なので、これだけで症状が緩和するならこれにこしたことはありません。しかし、抗アレルギー薬のみでは効果が弱い場合は、軽いステロイドの点眼を併用で処方される眼科医も少なくありません。

一般的にステロイドというと怖い薬と思われる方が多いようですが、、軽いステロイド(0.1%フルオロメトロンなど)は怖がることはないと考えます。しかし、過去にはステロイドの点眼治療によって眼圧が上がった人を診たこともありますので、継続的に使用するには必ず医師による定期的な眼圧チェックを受けるようにしてください。

小児は眼圧があがりやすく、しかも眼圧測定がしづらいので要注意。医師によって考え方が異なる部分だと思いますが、私は眼圧が測定できない小児にはステロイド点眼薬は処方せず、眼圧が測定できる小児に限って症状が本当にひどい場合にのみ処方し、必ずこまめな眼圧チェックを受けに来るよう親御さんに指示しています。

眼圧が高い状態だと緑内障リスクが高まりますが、点眼薬をやめれば眼圧は元に戻ります。その点はあまり神経質にならなくて大丈夫です。

アレルギー物質を防ぐゴーグルを着用

花粉などのアレルギー物質を目に入れないよう、ゴーグルなどで目をしっかり保護するのも有効な対策法の一つ。以前は、大きなゴーグルは異様な感じもしましたが、最近ではスマートな形のゴーグルも増え、着用率も増えてきているようです。症状がひどい人や、あらかじめ予防したい人には効果的です。

目の洗浄液を活用

目を洗う市販薬を使って花粉などを落とすのも有効。これらの薬に関しては、せっかく溜まっている涙や結膜の表面を保護してくれている物質まで流してしまうのでよくないという説もあり、医学的にはなんとも言いがたいのですが、大きな問題が起こったという話も聞きません。つらい症状を感じている本人が気持ちよくなるのなら、適度に活用するのも良いと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項