文章:山口 由紀(All About「二世帯住宅で暮らす 」旧ガイド)
退職後の生活イメージ
退職したら自由な時間がたくさん!でも、生活はどんな風に変化するんだろう...?
3月末は退職シーズンですね。団塊の世代が退職し始める2007年も、もう来年です。退職を控え、親子同居の話がでるご家族も、すでに二世帯同居されているご家族も「退職したら、生活にどんな変化があるのだろう?」と、何となく不安を抱いているのではないでしょうか?

そこで今回は、二世帯同居の先輩に、退職後の生活の変化を中心に「自由時間の使い方・ご夫婦での行動について」など、実態をお聞きした結果をご紹介したいと思います。同居タイプ別に集計していますので、退職後のご自身の生活、または親世帯の生活をイメージし、よりよい二世帯同居ライフにお役立て下さい。


退職後、自由時間を楽しむご主人

最初は、ご主人がすでにお仕事を離れている168組のご夫婦に「退職後の生活変化」についてお伺いした結果からご紹介しましょう。まずは、ご主人自身の生活の変化です。

Q:退職後、生活にどんな変化がありましたか?
退職後、生活にどんな変化がありましたか?
資料提供:二世帯住宅研究所
※グラフをクリックすると大きく表示されます

同居タイプに関わらず、退職後“増えた”行為は多く、逆に“減った”行為は少なかったという結果になりました。退職後は自由な時間が増え、「テレビを見る時間・夫婦ふたりで過ごす時間、会話・ひとりで楽しむ趣味や習いごとの時間・読書の時間・同居の子世帯との交流の機会」など、仕事をしていた時にできなかったことを楽しんでいる様子が伺えます。一方減った行為としては、1割を超えている程度ですが「友人との交際、外出、旅行」。これは、仕事のゴルフや会社帰りの一杯がなくなった分ということでしょうか?


ご主人のタイプによる?奥様の生活変化

同じ質問を奥様にした結果が以下となります。退職後の自由時間を楽しむご主人に対し、奥様の事情は少々違っているようですよ...。

Q:退職後、生活にどんな変化がありましたか?
Q:退職後、生活にどんな変化がありましたか?
資料提供:二世帯住宅研究所
※グラフをクリックすると大きく表示されます

奥様の結果は、主人と比べると「ひとりで楽しむ趣味、習い事の時間・友人との交際、外出、旅行」など、増えた人と減った人がほぼ拮抗する項目がいくつか見られるのが特徴です。ご主人が家にいることで、自分がより自由に動けるか、逆に制約されてしまうかは、ご夫婦によって大きく異なるようです。特に、完全分離派の奥様は、「趣味、習い事・友人との交際・外出」をはじめ、“減った”項目が多いのが目だちます。やはり、今まで日中ひとりで自由に過ごしていた頃とは、勝手が変わるようですね。

一方「夫婦で過ごす時間や会話・夫婦揃っての外出、旅行・同居の子世帯との交流」などは、やはりご主人の退職をきっかけに増えており、第二の人生をご主人とともに楽しんでいる奥様たちの様子が伺われ、なんだか安心しました。


次ページでは、この自由時間の過ごし方について、もう少し詳しく見ていきます。