文章:山口 由紀(All About「二世帯住宅で暮らす 」旧ガイド)
二世帯住宅
「家を建てたい!」と考えている方、二世帯でのマイホームはいかがですか?
「バブル全盛期に比べれば住宅購入がしやすくなった。」とは言えまだまだ高嶺の花。新規で土地を購入して家を建てようと思ったら、いったいいくら必要なんだろう...やっぱりまだ無理かな...と考えてしまうものです。しかし、二世帯住宅ならそんな不安も解消できる可能性があるのです。

今回は、二世帯住宅だからこそ軽減されるマイホーム購入の負担について、ご紹介いたします。「家を建てたい!」と考えている方、二世帯でのマイホームはいかがですか?


二世帯住宅なら、土地購入資金が軽減される!

建て替え
親世帯の土地に建て替えるケースが多い二世帯住宅。土地の購入資金が無いのは大きな魅力ですね。
二世帯住宅の場合、どちらかの親世帯と一緒に住むケースが想定されます。その場合、親世帯が住んでいる敷地での建て替えが一番多いのが現状です。このように、二世帯住宅の魅力のひとつに、土地の新規購入をしない確率が高いという点があげられます。

日本の場合、土地の購入が一番の出費。仮に、この出費が無ければ、マイホーム獲得にぐっと近づけます。親世帯が住んでいるエリアが、子世帯の生活に支障の無い範囲であれば、子世帯から二世帯住宅の計画を打診するのも有りえる方法ではないでしょうか。実際に、二世帯住宅計画のアプローチは子世帯からが多いという声もありますので、参考にしてみて下さい。

【参考記事】
二世帯同居、いつが決め時はじめ時?


しかし、親世帯が子世帯の生活圏と離れている場合も多々あります。そんな場合は、自分達(子世帯)と一緒に暮らすために、親世帯が引越しをする気持ちがあるか否かが問題となります。実際に、二世帯住宅を建てるご家族には、子世帯と一緒に暮らす安心感や孫との交流による楽しさを優先し、親世帯が子世帯の生活圏へ移り住むというケースも見受けられます。この場合、新たに土地を購入することになりますが、親世帯との共同購入であれば、全てをひとりで賄うよりは、資金負担も軽減されるはずです。

いずれにしても、ふたつの世帯でひとつの土地を所有する二世帯住宅は、一世帯で一軒の家を建てるより、マイホームに手が届きやすくなる住まい方と言えるでしょう。

【参考記事】
入居宅訪問リポートVol.1【息子夫婦同居】
※親世帯・子世帯ともに新地へ引っ越しての二世帯同居事例です。