スイカは、果肉の約90%以上が水分なので、栄養価が低いように思われがちですが、近年では体内の毒素を排出し、抗酸化作用などの働きがある成分が含まれていることも分かってきました。

利尿を促し、有害成分を排出

解毒に役立つスイカ
スイカに含まれるグルタチオンには、解毒を司る肝機能を高める作用があります。
スイカは、古くは漢方や民間療法でも、夏の暑さからくる熱を収め、利尿作用があるのでむくみや解毒に役立つ食べ物とされてきました。

化学的にはどのような成分がこのような働きにかかわっているのでしょうか。例えば、スイカには、シトルリンというアミノ酸を含んでいます。

シトルリンは体内に吸収されると、他のアミノ酸とともに、体内で発生するアンモニアを無害な尿素に変換させて排泄するように働きます。

またスイカにはカリウムが豊富に含まれています。カリウムは、ナトリウムとのバランスを保つので、余分なナトリウムの排出を促し、利尿作用を高めることから、ナトリウムのとりすぎからくる浮腫みの改善に役立ちます。

※ただし、腎臓・肝臓に疾患のある人、糖尿病で食べ物に制限のある人などは医師の指示に従ってください。

活性酸素からカラダを守る抗酸化成分

紫外線のきつい夏の日差しを浴びると、カラダに活性酸素も発生しやすくなり、疲れやすくなるだけでなく、シミなどの原因にもなります。

抗酸化作用が高いと言われるリコピンは、トマトに含まれていることでよく知られています。スイカの赤い色もリコピンによるものです。また他に、シトルリンやビタミンCなどの抗酸化作用のある成分も、スイカには含まれています。

スイカに含まれているリコピンの量は、品種により差はありますが、一般的な生食用トマトよりは多く含まれているそうです。

また近年カットフルーツを利用する人も多いかと思いますが、野菜等健康色生活推進協議会の「スイカ」のサイトによると、次のように有効成分の減少が少ないと記載されていました。
カットしたスイカが販売されることが多くなりました。カットスイカを5℃で保存したときの栄養・機能性成分の変化を調べた研究によると、6日間保存してもパイナップルやキウイフルーツに比べてビタミンCの減少率が少なく、カロテノイドやポリフェノール類は減少しないことが報告されています。
 
また加工用トマトは、熱処理や油を混ぜることによってリコピンが吸収しやすい状態です。漢方や民間療法などで用いられるスイカ糖(スイカを煮詰めたもの)は、熱処理されているので、スイカを生で食べるよりもリコピン吸収もよりよくなりそうです。