孫と一緒に家族のアルバムを作ろう!

スクラップブッキング
最初はシンプルなタイプのアルバムからでもOK。慣れてきたら、少しずつ手の込んだものにしていきましょう。
デジタルカメラでたくさんの写真を撮ると、ついつい整理を怠りがちです。しかし、せっかく撮った写真ですから、少し手をかけても、家族みんなが楽しめる形で整理したいものですね。おすすめは「スクラップブッキング」とのこと。アメリカで流行っているのですが、手作りアルバムのようなもので、最近は日本でも楽しむ人が増えているそうです。

作り方に難しいルールはありません。色紙で台紙をつくり、使いたい写真をプリントアウトして好きな形に切り抜いたり、切り文字・シール・クラフトなどで装飾をしたり、文字を書き加えたりして、一冊にまとめます。例えば、家族旅行・運動会・誕生会・クリスマスなど、イベント別にまとめれば、毎年新しいアルバムが増え、きっと家族の大事な宝物になるはずです。

デジタルカメラは、写真も何回もプリントアウトできるので、失敗を気にせず切り拭くことができます。これなら、ちいさいお孫さんでも、じゅうぶん参加できますので、祖父母が手伝いつつ、一緒に作ってみるのがおすすめです。きっと楽しいひと時が送れると思います。

【参考記事】
 スクラップブッキングで、記念日アルバムFrom All About・ハンドメイド


孫の成長や家族の変化を日々見られるのも、二世帯ならではの特権です。その記録を、写真に撮るだけでなく、お孫さんと一緒に形に残せれば、写真を撮るのが2倍楽しくなると思いませんか?これからの季節、行楽や運動会・文化祭などイベントも多くありますので、この機会に、二世帯で写真を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【参考書籍】
 孫と一緒に! 大人のための 撮る・見る・楽しむ 簡単デジタルカメラ
 写真撮影ガイド・瀬川氏の著書です。
 ビギナーの方にはピッタリ!簡単で解りやすい内容となっています。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。