「NEST空間」のあるプラン

東京エリアでは敷地の制限が厳しく、「NEST空間」を設置するスペースをいかに確保するかが大きなハードルになります。以下のプランは、総2階での「NEST空間」の造り方がよくわかる例になっています。まずは、以下の平面図をご覧下さい。
「+NEST(プラスネスト)」
「NEST空間」のある実例
資料提供:旭化成ホームズ株式会社
限られたスペースで「NEST空間」を確保するために、従来LDと同一階に計画されることが多かった「浴室・脱衣室」の水回りを2階へ移動し、その分、子供部屋のスペースをコンパクトにしています。子供部屋は寝る場所としての使用が主になりますが、中学・高校・大学と成長に合わせ、やがて勉強部屋にもなる等、空間の使い方を変化させていくことができます。洗面所がなくなった1階には、子供の手洗いやうがいができる洗面設備があると便利です。


子育て期だけではなく、将来のことも考えて

「+NEST(プラスネスト)」
子育てを終えた大人のリビングに要求されるのは「つかずはなれず」の距離感。
以前、熟年夫婦にとって居心地の良いLD計画をご紹介しました。リタイア後、夫も妻も一番長く過ごす部屋となるのがLD。そんな熟年世代にとって、同じ空間にいながら「つかずはなれず」が理想であるという結論でした。「NEST空間」は、将来子育てを終えた夫婦どちらかの居場所としても将来役立つように作ると良いでしょう。

「+NEST(プラスネスト)」
熟年夫婦に合わせたプランの変更例
資料提供:旭化成ホームズ株式会社
これは、先でご紹介した「NEST空間」を採用しているプランを、熟年夫婦二人の生活に変更した例です。キッチンに近い学習スペースが妻の居場所となり、リビング側を夫の空間とすると、「つかずはなれず」の程よい距離感が取れます。さらに、2階にあった子供部屋は、それぞれの寝室として使用しつつ、建具で行き来できる空間に変更しています。このように、実際にプランを作るときには子育て期のことだけではなく、将来に渡っての空間の利用法を考えていく必要があるのです。


最後に、「NEST空間」の提案に対する親世帯、子世帯のお客さまの反応ですが、子世帯では実際にお子さんの勉強場所はそのような使い方になっている場合が多く、すんなり受け入れてくれるようです。親世帯では、自分たちの子育て経験から、この提案を支持する人が多いようです。

ちなみに「NEST」とは、巣・入れ子という意味。子供が育つのを見守る親子の空間を「巣」に見立て、シェルターの中にあるLDの、そのまた中にある「NEST空間」と言った「入れ子」をイメージとしているそうです。こんな「NEST空間」、子世帯のプランニングの参考にしてみてはいかがでしょうか。

【参考記事】親世帯のリビング計画、4つのポイント
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。