2つの介護バリアを無くす家造りを

介護において、精神的にも物理的にもいろいろなメリットがある同居ですが、介護サービスなどを受ける面において問題があるのも現状です。このような状況を踏まえると、親子同居において将来介護をする場合、【訪問介護バリア】と【通所介護のバリア】ふたつの「バリア」を克服した住宅が理想的だと私たちは考えました。そのポイントを以下に整理してみましたのでご覧下さい。
 
■介護を踏まえた理想の親子同居住宅
介護を踏まえた理想の親子同居住宅
資料提供:二世帯住宅研究所 ※画像をクリックすると大きく表示されます

訪問介護バリアの解消には、ヘルパーさんが訪問しても同居家族の生活が干渉されないように、介護室と水回りのセットをコンパクトにまとめる必要があります。独立性のある二世帯住宅や、水回りを備えた介護室が必要になります。

通所介護バリアの解消には、入浴やリハビリ施設へ通所するために、外出しやすくすることが求められます。家の中を動き回るときのバリアフリーに加え、玄関や道路に至るルートにも手摺や車椅子配慮が必要になります。

超高齢化社会を向かえた現在、介護が必要になった場合に、二世帯同居というメリットを活かしつつ、全てを同居家族が背負い込まないためにも、このような2つの介護バリアを排除した住まいが求められると考えます。

それでは、これらを踏まえて【訪問介護バリア】【通所介護のバリア】が排除できる具体的な手法を次ページからご紹介していきます。