三世代交流のよいところ

親世帯は孫をかわいがるだけではなく、孫との交流からいろいろな刺激を受けています。

親子孫 揃って休みの 午後のお茶
今時の 流行孫から 教えられ
鯉のぼり 上げて爺も 子にかへる

お孫さんが古い文化に触れたり、親世帯が新しい流行を知ったりするのは、三世代交流の大きなメリットです。

バレンタイン チョコを待ってる 下の祖父
2世帯で 発音が違うぞ DVD
暖差(だんさ)なき 互いをたてる 思いやり

また、二世帯同居の環境で育ったお孫さんは、お年寄りにやさしい子に育つ、とよく言われますが、おじいさん、おばあさんと触れ合う機会が多く、お年寄りの気持ちがわかるからこそ、お年寄りにやさしくできるのではないでしょうか。


集まって住むことは楽しいこと

二世帯イメージ
二世帯同居をされる方には「一緒に住むのが当たり前」「集まって大人数で住みたい」という気持ちがあるようです。
仕事柄いろいろな調査で、二世帯にしたきっかけや、同居してみてのメリットなど「理由」をお聞きすることが多いのですが、実は理由なく単純に「一緒に住むのが当たり前」「集まって大人数で住みたい」という気持ちが二世帯同居をされる方にはどこかしらあるような気がしています。そんな様子がうかがえる作品をご覧いただきましょう。

住み人が 増えて常に 笑顔絶えまず
食べようよ いつも誰かの 声がする
大勢で 食べるとご飯 美味しいね

このように特に食事は「一緒に食べる」ことがとても大きな意味を待ちます。

二世帯に わかれているが 皆下に
この家の 味になったと 義母の箸

食事を別々に作っても、作ったものを交換するだけでも楽しいものです。

味付けは 違う上下の お裾分け
洋風と 和風おせちが 上り下り


いかがでしょう。三世代同居の楽しさが、実に上手に表現されていると思いませんか。二世帯川柳・第二弾では、より具体的な同居のコツなどを表現したものを中心にまとめてみましたので、引き続きお楽しみ下さい。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。