前回は車椅子で室内を動き回ってみましたが、今回は外との行き来を中心に実験してみました。
介護は家族だけでは負担が大きく、何らかの形で外の施設を使うことになりますので、迎えの車が来る道路までスムーズに出られることが大切です。また、庭やデッキで外の空気に触れることは、人間の生活に自然の刺激が与えられることになり、生理的にもとても大事なことと考えられるようになってきています。

1.玄関から家に入る

車椅子
【写真1-1】車椅子で自走しながら家の中へ。引き手の一番下をつかむことになります
実験に使用した住宅の玄関は、通常の開き戸ではなく、引戸になっています。まず、この玄関引戸から、車椅子で自走しながら家に入ってみます。

車椅子に座った姿勢では、立っているときに比べてかなり低く、引き手の一番下あたりをつかんで、扉を開けることになります【写真1-1】。



車椅子
【写真1-2】玄関ドアの15mmほどの段差は、簡単に通過できました
玄関ドアには15mmほど段差がありますが、前輪は多少引っ掛かりながらも容易に通過できました。これは車椅子が、タイヤの硬い室内用のモデルであったことも影響しているかもしれません。住宅性能表示の「高齢者に関すること」の等級3の基準でも、20mm以下の段差は認められています【写真1-2】。


車椅子
【写真1-3】引き戸であれば、全開にして留めた状態で入ることができます
引戸は、半開状態では自動的に閉まりますが、全開させると開いたままで留まります。全開時の幅は78cmでしたが、まっすぐ入るには、狭さは感じませんでした。あまり扉の幅が広いと、車椅子を移動させながらでないと全開できず、かえって不便かもしれません【写真1-3】。


以前、開き戸タイプの玄関でも、同様の実験をしたことがあります。
開きドアの場合も、半開では自動的に閉まり、90度を越えたところで開いたままで留まる「ドアチェック」が付いていますが、片手で車椅子をバックさせながら、もう一方の手で、半開時に閉まろうとする力に逆らって90度までドアを開けるのは、かなり腕力が要りました。
今回の引戸では、車椅子が同じ位置に止めたまま開けられ、開き戸に比べかなり楽でした。

高齢期に車椅子を使う場合、自走して玄関から外出することは少なく、付き添いがいる場合が多いと思いますので、玄関を開けたり、小さな段差を乗り越えることは問題にはならないと思います。しかし、杖を使うようになる場合など身体が不自由な状態で、いくつもの動きを同時に行いながら、開き戸を出入りすることは、健康なときに思っている以上に困難ですので、引き戸の方が楽であろうと思います。

2.玄関框の段差を越える

車椅子
【写真2-1】18cmの段差がついた玄関にスロープをつけ、介護者が押します
玄関には、土間と室内の床の間に段差があることが普通です。
車椅子の使用頻度が高い施設等では、この段差を無くしたものが多いですが、普通の住宅で外の泥汚れや砂ほこりの侵入を防ぐためには、段差も必要な場合が多く、高齢者に配慮した住宅でも18cm以下の段差を設けることが多いと思います。実験に用いた玄関も約18cmの段差が付いたものです。

この段差は自走車椅子では超えられないので、携帯用のスロープを設置し、介護者が車椅子を押すという想定で実験してみました【写真2-1】。


車椅子
【写真2-2】使用したスロープは1.2Mで、片手で持つことも可能
使用したスロープは1.2mの長さのもので、この程度であれば車に積むこともでき、片手で運べます。玄関框にスロープの上端を載せ、特に固定せず車椅子を押して上がりました。勾配は約1/6となっています【写真2-2】。
多少の力が必要ですが、女性の力でも車椅子を押し上げることができました。

下りは上りと全く逆の動き、すなわち介助者が下になり車椅子をバックさせていく形であれば、同じように車椅子を玄関土間に降ろすことができます。

次ページでは、家にいながら、外の空気を吸う工夫をご紹介します。