アメリカのテレビ番組で、一般応募の人をハリウッドの美容整形で若返らせるという番組をご覧になったことはありませんか? その中でまるで別人のようにエレガントに大変身した女性が、最後に鏡を見ながら、「今回の美容整形で、どこが一番嬉しい?」と聞かれるシーンがありました。

その女性は、胸でもなく、ウエストでもなく、口元を指差しながら、「一番嬉しいのは、歯が綺麗になったこと…」と泣きながら答えていました。どんな完璧メイクでもカバーできない歯を、若返らせる方法についてガイドが解説します。

ポイントは色と歯並び

白い歯と綺麗な歯並び
口元の若さを保つのは、歯の色と歯並びが大きなポイントのひとつです。
詰め物もなく虫歯の治療のない歯が健康面から見れば最高です。しかし審美歯科では、被せてあっても、神経を取ってあっても、あきらめることはありません。色や歯並びを変えることで、若返ったように歯を変身させることは可能なのです。

  • 色は白が若く見える!
    一般的に年齢を重ねると共に、黄色や、褐色など、歯の色が濃い目に変化していきます。歯の色を白く変化させると、口元が明るくなり若々しく見えるようになります。

  • 歯並びが変わると別人に!
    年齢を重ねると歯並びが変化することが多いため、、綺麗な歯並びは、口元がきりっと見え、歳を感じさせないようになります。自分の歯、被せ物、入れ歯でも歯並びが綺麗になると若返って見えます。

歯の色の最近のトレンドは、やっぱり白!です。それまでの若干黄色系の色に比べ、今は圧倒的に白い歯に人気が集まります。これからもこの傾向は続くと考えられます。

次のページでは、若返る白のポイント!に続きます。