体内に毒素が溜まると疲労も溜まるからだの仕組みとは?

画像の代替テキスト
秋を元気に過ごすためにも、疲労をためていてはいけません
「涼しくなってきたのに、まだ夏バテの症状が続いている」「週末しっかり休んでも、なぜか毎日すっきりしない……」という人はいませんか? そういう人は体に毒素がたまっているのかもしれません。

体内の毒素には、「有害化学物質」と「有害ミネラル」の2種類があります。有害化学物質は、自動車の排気ガスやごみ焼却炉からでるダイオキシン、酸性雨や光化学スモッグなどの大気汚染物質、食品に含まれる残留農薬や食品添加物などがあげられます。有害ミネラルとは、水銀・ヒ素・カドミウム・鉛などです。

これらの毒素を排泄すると、以下のように身体が変わります。

■ 効率よくダイエットができるようになる
■ 肌に潤いがでて、ツヤがよくなる
■ 便秘が解消されて、身体が常に快適になる
■ 生活習慣病を予防できるようになる
■ ホルモンのバランスが改善される
■ 免疫力を向上する

では、体内にたまった毒素はどのようにして排出されるのでしょうか?
体内にたまった毒素の排出ルートの割合は以下の通りです。
1. 便……75%
2. 尿……20%
3. 汗……3%
4. 毛髪……1%
5. 爪……1%

毒素の無い身体は、生き生きした毎日を約束してくれます。今回はあなたの体に毒素がたまっていないかをチェックして、どのように解決していけばよいかをご紹介しましょう。


体内毒素が溜まっているサイン・症状チェック!

それでは早速、あなたの体の毒素ため込み度チェックをしてみましょう。生活の中で感じるちょっとした不調は、毒素がたまっていることのサインかもしれません。以下の項目にいくつ当てはまるか、数えてみてください。

■ 慢性的に便秘になりやすい
■ おならや便がとてもくさい
■ 口臭や体臭が気になる
■ ニキビや吹き出物が出やすく、シミやソバカスができやすい
■ 下腹部がつねに張りやすい
■ だいたい朝の目覚めが良くない
■ 目の下にクマができやすい
■ 肌がくすみやすく、メイクが崩れやすい
■ 肩や腰が凝りやすく、冷え性やむくみに悩んでいる
■ デスクワークが多く、運動不足ぎみである
■ ちょっとした距離の移動でも、乗り物を使ってしまう
■ 何事に対してもやる気がなく、疲れやすい、倦怠感が残りやすい。
■ イライラしたり、ストレスを感じると良くお腹が痛くなったりする
■ 眠りが浅い、もしくは睡眠時間が短い
■ 食べなくても太る、もしくは食べてもやせてしまう傾向にある
■ 食事は外食が多く、時間が不規則、もしくは抜くことも多い
■ 味噌汁、納豆、果物、サラダなどを毎日食べる習慣があまりない
■ 対人、対物、環境などのストレスを感じやすい
■ 喫煙家で、お酒をよく飲むほうだ。
■ 毒素排泄のことは、ほとんど気にしてない。

あなたは、いくつチェックがつきましたか?

疲労度の判定結果と解決法は、次のページでご紹介します。