山薬仙人粥の材料と作り方

イメージ
 
■材料(4人分)
米  1カップ
長いも  100g
松の実  15g
クコの実  5g
塩  小さじ1
チキンスープ  10カップ分
(なければチキンスープの素小さじ3と、スープ分の水)

■作り方
イメージ
 
1.米をとぎ、ザルに空けて水切りする。クコの実はさっと水洗いした後、少量の水で戻す。松の実は軽くローストしておくと香ばしい。長いもは皮をむいてサイコロ状に切る。
イメージ
 
2.鍋にチキンスープ、米、塩を入れ、沸騰させたら弱火にし、米つぶが花が咲いたように柔らかくなるまでコトコト煮る。
イメージ
 
3.長いも、松の実を加え、長いもが柔らかくなったら火を止め、器に移してクコの実を飾る。


薬膳レシピの効能とおすすめの食材

ここで、おかゆに入れた「松の実」について少しご紹介しましょう。生薬名は海松子(かいしょうし)といい、肺を潤し、便通を良くします。内蔵機能を調節するので、高齢者や術後にもよく、毎日3粒食べると仙人になれるといわれています。この基本のおかゆに、それぞれ気になる症状や体質にあわせた食材をトッピングすれば、オリジナルでさらに良いものができるのではないでしょうか。

たとえば、白髪が気になり、肌も乾燥気味なら「黒胡麻」、慢性の喘息や、頻尿・夜尿症対策には「銀杏」、足腰がだるく、冷えているのであれば「干し海老」がおすすめです。

最近の薬膳レシピについては、「これでグッスリ&ストレス解消!安眠スープ」や「肌荒れにもお勧め!薬膳ごはんでデトックス」も併せてご覧下さい。また、神農本草経についてもっと知りたい方は、「御影雅幸先生の漢方あれこれ(外部リンク)」もご参照ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項