海外のリゾートで、お腹は壊したくない!

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/2/9/8/7/0/8/resort_1.jpg
リゾートでの食中毒は御法度!
サーチャージは上がったけれど夏休みや一夏の思い出作りに海外のリゾートへ行く方は、まだまだ多いはずですね。思い出は楽しいばかりじゃありません。いわゆる旅行者の下痢は、現地で発症します。一方、旅行中は元気だったのに帰国してから体調不良。特にお腹の調子が悪くなることがあります。原因は、いろいろですが、水からの感染が多いことが知られています。

氷に御用心!

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/2/9/8/7/0/8/ice_1.jpg
汚染された氷は消化器感染の原因
旅行中は、食べ物に注意したつもりと誰しも思いますね。加熱調理したものを食べたはずなのに・・・。落とし穴の一つが氷です。目の前で開封して瓶から直接そそいだ汚染されていない飲み物も氷が汚染されたいたら感染の原因となります。冷たい飲み物に入っている氷。微生物に汚染されていても見た目はきれいで分かりません。

クリプトスポリジウムはタフな寄生虫!

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/2/9/8/7/0/8/cryptosporidiosis_1.jpg
クリプトスポリジウムは塩素消毒で死にません!
泊まったホテルは高級ホテル。水道もちゃんと消毒設備があったはずなのに・・・。なんでお腹の調子が悪いの・・・。

クリプトスポリジウムは難しい名称で聞き慣れない寄生虫の一種です。水の消毒方法には塩素消毒が一般的です。プールの水の消毒にも塩素が用いられています。ところがクリプトスポリジウムは塩素消毒では死なないタフな寄生虫です。感染した場合、現在のところ特効薬はありません。感染した人の体力を回復して免疫力で排除するしか治りません。ヒト免疫不全ウイルスに感染した人の下痢の原因の一つがクリプトスポリジウムです。


>>次ページでは、避暑地の水の安全の確保について解説します。>>