インフルエンザの予防には、予防注射や、手洗い・うがい、マスクなどいろいろと対策はあると思いますが、食品に含まれる栄養成分にも、インフルエンザ予防に役立つと考えられ、研究されているものがあります。昔から食用上では、粘りのあるネバネバ食品は滋養によいとされていましたが、現代でも注目されているネバネバ食品の栄養成分とその働きなどについてご紹介します。

ネバネバはどんな役割があるの?

多糖類
ネバネバ成分によって、植物も、ヒトも体を守っています。
ネバネバ食品は、粘りや糸をひくような物質を含む食品。粘りの正体は、大きく分けて、一つは多糖類を主体にした粘りのある食物繊維、もう一つタンパク質を主体にしたもの。さらにネバネバ・ヌルヌル食品は、多糖類とタンパク質がくっついたものなどもあり、様々な種類があります。

よく聞くムチンは、食物繊維(多糖類)のガラクタンやマンナンとタンパク質などが結合したネバネバ物質の総称です。身近なところでは、オクラや長いもや山芋などの植物に含まれています。

こうしたネバネバ成分は、植物が自分の身を守るために、種を守ったり、膜を作って水分をキープしたりしているのです。

ムチン
「ムチン」は納豆や山芋などの粘りの成分です
植物だけでなく、ムチンは、人の体内の粘膜にも含まれていて、気管や消化管、目などの表面をカバーして守ってくれているのです。このおかげで、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりにくくする働きをしています。

多糖類は、水溶性食物繊維で、腸内環境を整えることにも役立ちます。免疫細胞が集まっていると腸内環境が整い免疫機能もきちんと働くことで、風邪やインフルエンザの予防の一助にはなるかしもれません。

キノコや海藻等に含まれる多糖類が、免疫機能を高めるといった研究報告はありますが、食べ物として食べる場合にどれだけ食べれば効果があるのかということはまだまだ明らかではありません。

また近年長芋については、長芋に含まれるディオリスコリンAというタンパク質には抗インフルエンザウイルス活性(型にもよる)があることがわかり、有効成分を抽出した食品の開発なども研究されています。