ワード文書にページ番号を付ける(挿入する)方法

ワード文書にページ番号(通し番号・ノンブル)を付ける方法は複数あります。まずは最もシンプルな方法として、ページ下に「1 2 3……」という数字だけを表示する方法を説明します。「とりあえず文書にページ番号が必要」というときは、この方法を使ってください。

1.[挿入]タブの[ページ番号]をクリックします。
1.[挿入]タブの[ページ番号]をクリックします

 



2.[ページの下部]の[番号のみ 2]を選択します。

2.[ページの下部]の[番号のみ 2]を選択します

 



3.ヘッダー、フッターが編集可能な状態になって、ページ下の余白(フッター)にページ番号が挿入されます。
4.[ヘッダーとフッターを閉じる]をクリックします。もしくは本文部分をダブルクリックします。
3.ヘッダー、フッターが編集可能に状態になって、ページ末にページ番号が挿入されます。 4.[ヘッダーとフッターを閉じる]をクリックします。もしくは本文部分をダブルクリックします

 


5.ページ下に「1 2 3」というページ番号が挿入されました。
5.ページ下に「1 2 3」というページ番号が挿入されました

 


なお、手順2で[ページの上部]を選択すればページ上(ヘッダー)に挿入できます。また、[ページの余白]だと左右の余白部分に挿入できて、[現在の位置]だとカーソル位置に挿入できます。
 

ワードのページ番号に飾りを付ける方法

「1 2 3」のような数字だけのページ番号ではなく、「-1- -2- -3-」「a b c」「p1 p2 p3」のように番号の書式を変えることもできます。手順は次のとおりです。

1.[挿入]タブの[ページ番号]をクリックします。
2.[ページ番号の書式設定]を選択します。
1.[挿入]タブの[ページ番号]をクリックします。 2.[ページ番号の書式設定]を選択します。

 


3.[番号書式]で書式を選択します。
4.[OK]をクリックします。
3.[番号書式]で書式を選択します。 4.[OK]をクリックします

 


5.ページ番号の書式が変化します。
5.ページ番号の書式が変化します

 


以上のように設定すると、すでに挿入されているページ番号だけでなく、新規に挿入するページ番号の書式も変化します。

なお、手順3の[番号書式]では、「p1 p2 p3」や「Page1 Page2 Page3」のような書式は選択できません。このような独自の書式を設定するなら、「p」「Page」などの文字を直接入力してください。

たとえば「1」→「Page1」とすれば、「Page」はすべてのページに表示されるので「Page1」「Page2」「Page3」……と表示されます。
 
「Page」という文字を直接入力すれば、すべてのページで共通で表示されます。

「Page」という文字を直接入力すれば、すべてのページに共通で表示されます



 

ワードのページ番号の位置を変える方法 左揃え/中央揃え/右揃えを設定

ページ番号は、本文と同じ方法で左揃え/中央揃え/右揃えを設定できます。操作方法は、次のとおりです。

1.ページ番号がページ下の中央に表示されています。ページ番号をダブルクリックして編集できる状態にします。
1.ページ番号がページ下の中央に表示されています。ページ番号をダブルクリックして編集できる状態にします

 


2.[ホーム]タブの[段落]にある[右揃え]ボタンをクリックします。
2.[ホーム]タブの[段落]にある[右揃え]ボタンをクリックします

 


3.ページ番号が右端に移動しました。編集を終了するには、本文をダブルクリックします。
 
3.ページ番号が右端に移動しました。編集を終了するには、本文をダブルクリックします

 


特に難しい操作はありません。ページ番号を編集できる状態にして、[左揃え][中央揃え][右揃え]のボタンをクリックするだけです。

なお、ページ上からページ下、またはその逆に移動したい場合は、いったんページ番号を削除してから、新たに挿入し直してください(ページ番号の削除の次項を参照)。
 

ワードのページ番号を削除する方法

ページ番号は、[挿入]タブの[ページ番号]をクリックし、[ページ番号の削除]を選択すると削除できます。ページ番号を間違って挿入したり修正方法が分からなくなったりした場合は、この方法で削除して、改めて挿入し直すとよいと思います。

1.[挿入]タブの[ページ番号]をクリックします。
2.[ページ番号の削除]を選択します。
 
1.[挿入]タブの[ページ番号]をクリックします。 2.[ページ番号の削除]を選択します

 



3.ページ番号が削除されます。
 
3.ページ番号が削除されます

 

 

「1/2」や「2/10」のように「現在のページ/総ページ数」形式のページ番号の入れ方

「1/10」「2/10」……のように「現在のページ/総ページ数」形式のページ番号も挿入できます。ここでは、ページ下に挿入する方法を説明します。

1.[挿入]タブの[ページ番号]をクリックします。
2.[ページの下部]の[X/Yページ]の[太字の番号2]を選択します。
 
1.[挿入]タブの[ページ番号]をクリックします。 2.[ページの下部]の[X/Yページ]の[太字の番号2]を選択します

 



3.ヘッダー、フッターが編集可能な状態になって、ページ下(フッター)にページ番号が挿入されます。
4.[ヘッダーとフッターを閉じる]をクリックします。もしくは本文部分をダブルクリックします。
 
3.ヘッダー、フッターが編集可能な状態になって、ページ末にページ番号が挿入されます。 4.[ヘッダーとフッターを閉じる]をクリックします。もしくは本文部分をダブルクリックします

 



5.総ページ入りのページ番号が挿入されまました。
5.総ページ入りのページ番号が挿入されまました

 



なお、この書式は初期設定で太字が設定されています。不要であれば解除しても問題ありません。方法は本文の場合と同じです。ヘッダー、フッターを編集可能にして、ページ番号全体を選択して[ホーム]タブの[太字]ボタンをクリックするだけです。

 

表紙にページ番号を入れない方法

文書の1ページ目を表紙にした場合は、表紙にページ番号を入れないのが自然です。ワードなら、簡単に実現できます。

1.ページ番号をダブルクリックして編集可能にします。
1.ページ番号を挿入したヘッダーまたはフッターをダブルクリックして編集可能にします

 



2.[デザイン]タブの[オプション]で[先頭ページのみ別指定]をチェックします。
 
2.[デザイン]タブの[オプション]で[先頭ページのみ別指定]をチェックします

 



3.先頭の表紙ページからページ番号が削除されます。
4.[ヘッダーとフッターを閉じる]をクリックします。もしくは本文部分をダブルクリックします。
 
3.先頭の表紙ページからページ番号が削除されます。 4.[ヘッダーとフッターを閉じる]をクリックします。もしくは本文部分をダブルクリックします

 



5.表紙ページからページ番号が削除されました。
5.表紙ページからページ番号が削除されました

 

 

「1」以外の数字からページ番号を始める入れ方

通常は、ページ番号は「1」から始まります。しかし、これを「2」や「10」などの異なる数字から開始することもできます。複数人で文書を作って印刷し、最後に1つの文書にまとめるような場合に便利です。

また、ページ番号は「0」から開始することもできます。「0」のページはページ番号が表示されないので、たとえば前述の「表紙にページ番号を入れない方法」で「0」から開始すれば、表紙にはページ番号が表示されず、2ページ目に「1」、3ページ目に「2」……と表示されることになります。

ここでは、「1」から始まっているページ番号を「10」からに変更する操作を説明します。

1.[挿入]タブの[ページ番号]をクリックします。
2.[ページ番号の書式設定]を選択します。
 
1.[挿入]タブの[ページ番号]をクリックします。 2.[ページ番号の書式設定]を選択します

 



3.[開始番号]をオンにし、開始するページ番号を指定します。ここでは「10」を指定します。
4.[OK]をクリックします。
 
3.[開始番号]をオンにし、開始するページ番号を指定します。ここでは「10」を指定します。 4.[OK]をクリックします

 



5.ページ番号の開始ページ数が「10」に変更されました。
 
5.ページ番号の開始ページ数が「10」に変化しました

 

 

文書の途中からページ番号を開始する方法

ページの途中からページ番号を表示するには、「セクション」を使います。ここでは、「1」から順番にページ番号が振られている文書を前提として、その途中から「1」を開始する方法を説明します。

1.ページ番号の「1」を開始する直前のページにカーソルを置きます。
1.ページ番号の「1」を開始する直前のページにカーソルを置きます

 



2.[レイアウト]タブの[区切り]をクリックします。
3.[次のページから開始]を選択します。
 
2.[レイアウト]タブの[区切り]をクリックします。 3.[次のページから開始]を選択します

 



4.セクション区切りが挿入されてページが区切られます。区切りより前が「セクション1」、後ろが「セクション2」となります。
 
4.セクション区切りが挿入されてページが区切られます。区切りより前が「セクション1」、後ろが「セクション2」となります

 



5.「セクション2」の最初のページのページ番号をダブルクリックして編集可能な状態にします。
5.「セクション2」の最初のページのページ番号をダブルクリックして編集可能な状態にします

 



6.編集可能になったら、[デザイン]タブの[前と同じヘッダー/フッター]をクリックしてオフにします。これで、前ページのページ番号とのリンクが切れます。
6.編集可能になったら、[デザイン]タブの[前と同じヘッダー/フッター]をクリックしてオフにします。これで、前とページのページ番号とのリンクが切れます

 



7.ページ番号を右クリックして、メニューから[ページ番号の書式設定]を選択します。
 
7.ページ番号を右クリックしてメニューから[ページ番号の書式設定]を選択します

 



8.[開始番号]で「1」を指定します。
9.[OK]をクリックします。
8.[開始番号]で「1」を指定します。 9.[OK]をクリックします

 


10.セクション2の先頭ページのページ番号が1になりました。
 
10.セクション2の先頭ページのページ番号が1になりました

 



11.セクション1の任意のページのページ番号に移動します。
 
11.セクション1の任意のページのページ番号に移動します

 



12.[Delete]キーでページ番号を削除します。
 
12.[Delete]キーでページ番号を削除します

 


13.[ヘッダーとフッターを閉じる]をクリックします。もしくは本文部分をダブルクリックします。
 
13.[ヘッダーとフッターを閉じる]をクリックします。もしくは本文部分をダブルクリックします

 



14.セクション1のページからページ番号が削除され、セクション2の先頭ページに「1」からのページ番号が付きます。
 
14.セクション1のページからページ番号が削除され、セクション2の先頭ページに「1」からのページ番号が付きます

 



旧ワード(Word 2003)での方法は次ページを参照してください。