複数のブックをひとつのワークシートにまとめる技」では、営業ごとに作成された御見積台帳から「受注」となった案件だけを抽出して、「受注明細シート」に転記する方法を紹介しました。この記事では、各営業の「受注明細シート」から、月ごとの受注金額を集計する「受注集計シート」の作成方法を紹介します。

どのような集計を行うのか

各営業の受注明細シートには、受注となった案件データが転記されています。この中の「合計金額」のデータ(受注金額データ)を月ごとに集計して「受注集計シート」に表示します。


「4月分の受注金額の合計」といったような、「条件付きの合計」を算出する関数としては、「SUMIF」関数と「DSUM」関数があります。DSUM関数は少々手間がかかるので、今回はSUMIF関数を工夫して利用することにします。

>まず、SUMIF関数について学習しましょう!