これまで作成してきた受注合計額グラフ。積み上げ棒グラフを作成し、グラフの書式を整えて対前年増減比を表す折れ線グラフを混在させました。いよいよグラフ作成も終盤です。「伝えたいことをしっかり伝える」グラフにするために、グラフに元の数値データを表示したり、グラフの一部分を強調したりする方法を紹介します。

グラフに元の数値データを表示しよう

グラフを使って数値データを視覚化すると、データ全体の大まかな傾向などを、パッと見て読み取れるようになります。

しかし、グラフから具体的な数値データを読み取りたい場合、数値軸があるとはいえ、大まかな単位で数値が表示されているだけなので、グラフを見ただけでは、正確な情報を読み取ることができません。グラフの元になった表を参照すれば、数値データを得ることができますが、ちょっと面倒です。



そこで、グラフ上に、元の表の数値データを表示します。これなら、データの傾向を確認しながら、具体的な数値データも読み取れます。「伝えたいことをしっかり伝える」グラフにするための第一歩といえます。なお、ここで表示した「数値データを表示している部品」を「データラベル」といいます。



データラベルを表示するには

ここでは、対前年増減比を表す折れ線グラフに、元の表の数値データを表示してみましょう。グラフエリアをクリックして、グラフツールバーを表示します。



グラフツールバーのグラフオブジェクトの一覧から「系列"対前年増減比"」を選択して、「データ系列の書式設定」ボタンをクリックします。



表示された「データ系列の書式設定」ダイアログボックスの「データラベル」タブをクリックし、「ラベルの内容」の「値」をクリックしてチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします。



グラフに元の数値データを表すデータラベルが表示されました。



なお、データラベルの表示位置は変更できます。読みづらい場所にデータラベルが表示されている場合は、読みやすくなるように表示位置を調整します。

まず、グラフツールバーのグラフオブジェクトの一覧から、「"対前年増減比"データラベル」を選択します。



その後、表示位置を変更したいデータラベルを、表示したい位置へドラッグします。