会議の最後は全員から感想を聞く

必ずしも、会議の参加者がみな同等に発言するわけではありません。話すことで情報処理する人がいれば、沈黙して内容を組み立てて整理する人もいます。従って会議が終わったら必ず最後に、感想を一言ずつ聞くことです。会議の中でずっと黙っていた人が多くの気づきや発見をしていた、というケースも珍しくありません。最後に全員で共有して終わらせることは重要です。

会議に大切なのは、安心して自由に話せる環境。進行役は、参加者一人ひとりに働きかけるつもりで取り組むと、会議の成果はぐんと上がるでしょう。


<関連記事>
会議運営を価値あるものに変える



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。