青色申告特別控除が、55万円から65万円へアップします

平成16年度の税制改正により、青色申告の特別控除が、現行55万円から65万円へ引き上げられることになりました。適用は、平成17年度分からですので、2006年に確定申告する分からということになります。

一方、経過措置として、簡易な簿記でも、確定申告書に「損益計算書」と「貸借対照表」を添付すれば、これまでは45万円の特別控除が受けられましたが、コレが廃止となります。

従って、平成17年度分以後からは、65万円と10万円の2種類の青色申告特別控除しかなくなります。もし、簡易簿記で記帳されている場合は、複式簿記の記帳方法へ移行することが必要となってきます。

■青色申告特別控除の変更点の一覧

 正規の簿記で記録している人簡易な簿記で記録している人(※経過措置として)左記意外の人
 ~平成16年度分55万円45万円10万円
平成17年度分~  65万円廃 止10万円

※簡易簿記:
現金出納帳、預金出納帳、売上帳、仕入帳、経費帳を備え付けた、いわゆる単式簿記によるもの。複式簿記でなくても、「損益計算書」と「貸借対照表」を提出することで、45万円の控除を受けられる期間限定の特例措置。これが、17年度分より廃止されます。

特別控除を受けるための要件

65万円の特別控除の適用をうけるための要件は、次の通りです。

・確定申告書の適用欄に、65万円の控除の適用を受ける旨とその金額を記載すること。
・確定申告書に正規の簿記(複式簿記)によって作成した「損益計算書」と「損益計算書」及びその他の必要な明細書を添付すること。
・確定申告書を提出期限までに税務署へ提出すること。

確定申告の受付期間は、2月中旬から3月中旬までです。この期間内に提出をしないと、適用を受けられなくなりますので、注意して下さい。提出期限を過ぎた場合は、控除額が10万円へ減額となります。

困った時のお助け相談窓口!

青色申告
今年初めて青色申告をされる方は、そろそろ準備を始めてもいい頃です。「青色申告の申請用紙」を提出していると、12月の初旬頃までに、税務署から「青色申告決算書」の記入用紙一式が郵送されてきます。

それと同時に、決算説明会のお知らせ等も封入されています。申告書作成の手順や概要を理解するためには、税務署等が主催する無料の講習会を1度受講されることをオススメします。

また、経理処理で分からないことができた時には、電話で気軽に相談できる「税務相談室」という公共サービスがあります。初歩的な質問に対しても、税務の専門家が親切に応えてくれますので、とても便利です。

こちらのページから、最寄の「税務相談室」の電話番号が調べられます。
タックスアンサー/全国の「税務相談室」 ※無料電話相談。

青色申告・確定申告に関する基礎知識は、以下の関連記事やリンク集を是非ご覧下さい。


「初めての青色申告ガイド」が本になりました!

図解 フリーランスのための超簡単!初めての青色申告
フリーランス仕様の青色申告ソフト付(Win)です!節税の第1歩は青色申告から! しかし、複式簿記での帳簿作成は、経理ビギナーにとってかなりの難関です。 でも、仕入・在庫がないフリーランスの経理は、実はとってもシンプルです。

そこで、経理が苦手な方でも、3日で複式簿記を攻略して、青色申告特別控除65万円を獲得できる「フリーランスのための青色申告ソフト」を開発! 「図解 フリーランスのための超簡単!初めての青色申告」の読者特典として、リリースしました(※ダウンロードサイト)。2006年に出版後、多くの皆さんにご支持いただき、お陰さまで【改定版】が発売となりました。この1冊で、青色申告が確実にクリアできます。是非ご活用ください! ⇒詳しくはコチラ



関連記事&リンク集

青色申告の基礎知識
初めての青色申告ガイド【前編】
初めての青色申告ガイド【後編】
平成15年度税制改正(減価償却/消費税)

経理の基礎知識
必要経費になるのは、どこまで?
コレ必要経費になる?ならない?
開業前の準備費用は、必要経費?
これで完璧!「勘定科目一覧表」
複式簿記をイメージで理解する!
何をどの帳簿につけたらいいの?
「経理」に強いと利益が上がる!

確定申告の基礎知識
フリーランスの確定申告FAQ
初めての青色申告・確定申告

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。