個人や企業が集まり、フラットなパートナーシップで事業やプロジェクトに取り組むための受け皿として、昨年日本にLLP(有限責任事業組合)が導入されました。今年5月に施行された新会社法では、運営を組合式で行うLLC(合同会社)が新設され、「組合」という言葉が目につくようになってきました。

組合と聞くと、皆さんはどういうイメージを持っていますか? すぐ思い浮かぶのは、労働組合とか農協、生協、漁業協同組合とかではないでしょうか。身近な存在ではないために、「組合」と言う組織が持つ機能を、知らない方がまだまだ多いのではないかと思います。そこで、会社と組合の違いや、組合のメリットについてまとめてみました。


組合も企業形態の1つ

企業は、利益追求の経済活動を行うための、経済単位です。会社と組合を、企業形態で分類すると、以下のようになります。人が単独で事業を運営する「個人企業」と、複数の人が集まって組織で運営する「共同企業」。共同企業は、「法人」と「非法人」に分けられます。法人企業には、「会社」と「組合」があります。ここで注目、企業組合事業協同組合は、法人格を持っています。会社と同様に、立派な法人企業なのです。
※但し、昨年新設された有限責任事業組合、LLP(Limited Liability Partnership)は、非法人の民法上の組合の特例となるため、法人格は持っていません。

企業の種類


会社は、さらに株式会社・有限会社と、合資・合名・合同会社に分けられます。後者は、株式会社に対して「持分会社」と呼ばれます。ご存知の通り、株式会社は、より多くのお金を出資した人が、利益配分も多く受け取ります。それに対して持分会社は、出資比率によらず、利益分配方法や意思決定方法を、自分たち(出資者たち)で話し合って、自由に運営ルールを決めることができます。これを、組合式の運営を呼んでいます。
※有限会社は、2005年の商法改正(2006年5月1日施行)で廃止されました。

会社と組合の大きな違いは?

法人企業である会社と組合、その大きな違いは、その目的にあります。会社は、資本主義の原則により、資本を出した人に利益が還元されるシステムです。中小企業の場合は、株主が社長となって会社を運営するケースが殆どですが、労働力を提供する従業員は、会社の利益追求のために働くだけで、利益を分配されるわけではありません。極端な言い方をすれば、会社は、株主利益の追求のために存在します。

一方、組合は、参加メンバー全員が出資をして、全員が運営に参加します。会社に置き換えれば、全員が株主となり、自分たちの利益ために働くというシステムです。(モチベーションを維持するには、非常に健全な考え方です。)ですから、自分たちの共同事業の目的を達成するために、相互補完・協力し合って事業を営み、得た利益は参加メンバーにそのまま還元されます。つまり、組合は、構成メンバーの利益を追求することが設立の目的となります。

組織の特徴 法人企業
株式会社 組合
目的 株主利益の追求 組合員の利益の追求(相互扶助)
性格 物的結合体:お金が資産の中心 人的結合体:人が資産の中心
運営 出資者=株主≠経営者 全員出資者=全員経営参加
利益の配当 出資額の比率で決まる 出資者で相談して決める 
法律 商法 中小企業等協同組合法

なぜ今、組合が注目されるのか? 次ページへ続きます>>